本文へスキップ

The Japanese Association of International Business Law

お問い合わせ: gakkai.jaibl@gmail.com

東京都国立市中2-1
一橋大学法学研究科 阿部博友研究室

 
main

国際金融・税制部会の第8回研究会

 当部会は,租税法や金融法と国際取引法とが交錯する問題を研究しています。下記のとおり,第8回研究会を開催しますのでご案内いたします。ご参加をお待ちしています。
 なお,ご参加される方は,建物のセキュリティー上の必要性から,参加者の所属と氏名を届ける必要がありますので,11月17日(木)17時までに今村(imamura.takashi@nihon-u.ac.jp)までEメールでご連絡して頂くようお願いいたします。

日時:11月19日(土)午後1時ないし午後5時
場所:日本大学法学部13号館6階会議室1
東京都千代田区三崎町2-2-3
Tel 03-6261-3200(代表)
JR水道橋駅東口から徒歩5分

テーマ
(1) 岡山商科大学法学部准教授 加藤友佳
「米国事業体の法人該当性」
(2)税理士(元税務大学校研究部主任教授)渡邉勲
「多国間の税務行政執行共助条約に基づく金融口座情報の自動情報交換制度」


国際契約法制部会・国際知的財産法制部会の合同研究会開催のご案内

両部会は合同研究会を下記の通り開催しますのでご案内いたします。
ご参加をお待ちしております。
参加される方は、建物のセキュリティー上、所属と氏名を届ける必要がありますので、できるだけ事前に杉浦先生 (sugiura.yasutomo@nihon-u.ac.jp)までご連絡をお願いいたします (当日受付で登録も可)。

1.日時 10月8日(土)13:30~17:00
2.場所 日本大学法学部15号館(法科大学院)1561教室
  東京都千代田区三崎町2-2-3電話03-6261-3200
  JR水道橋駅東口から徒歩5分
  http://www.nihon-u.ac.jp/lawschool/access_map.html

3.テーマ
1) 高田寛氏(富山大学経済学部教授)
  「国際リース契約の問題点と実務対応」
2) 遠藤元一氏(弁護士)
  「ネッティング条項の検討
  ~最判平成28・7・8判決を契機として~」
3) 田中康子氏(弁理士)
  「特許権の存続期間延長制度改正の提案」

新興国法制部会およびグローバルコンプライアンス部会開催延期

6月11日土曜日に開催予定でありました、新興国法制部会およびグローバルコンプライアンス部会は、都合により開催を延期させていただきます。新しい日程は、おってホームページで掲載致します。なお、同日に開催予定の国際契約法部会および国際知的財産権法部会は、予定通り開催されますので、ふるってご参加ください。


新興国法制部会・グローバルコンプライアンス部会の皆様(延期となりました)

2016年6月11日(土曜日)11時~13時に日本大学法学部13号館で研究会を開催します。
詳細はおってご案内しますが、発表を希望される会員の方は部会長(h.abe@r.hit-u.ac.jp)までご連絡ください。


過去の研究部会報告

shop info店舗情報

国際取引法学会

〒186-8601
東京都国立市中2-1 
一橋大学法学研究科
阿部博友研究室
gakkai.jaibl@gmail.com