jhfs topimage
ホーム  学会について  入会のご案内・会員情報変更  学術集会・行事  トピックス  English

ホーム>学会について>日本心不全学会会則

日本心不全学会会則

日本心不全学会会則施行細則

第1章 総 則
第1条 本会は、日本心不全学会(Japanese Heart Failure Society)と称する。
第2条 本会の運営のため別に定めるところに事務所をおく。
第2章 目的および事業
第3条 本会は、心不全ならびにこれに関連する分野の研究発表の場を提供し、知識や情報の交換を行うことにより心不全に関する研究を推進し、もってわが国における医学の発展に寄与することを目的とする。
第4条 本会は、第3条の目的を達成するため、次の事業を行う。
1)学術集会の開催
2)学術刊行物の発行
3)内外の関連学術団体との連絡および協力
4)その他本学会の目的達成に必要な事業
第3章 会 員
第5条 本会の会員は正会員、名誉会員、特別会員および賛助会員とし、本会の目的達成に協力するものとする。
1) 正会員 : 本会の目的に賛同して入会した個人
2) 名誉会員 : 本会の発展に多年功労のあった正会員とし、理事会の議を経て総会で推挙する
3) 特別会員 : 心不全学の領域に特に功績のあった正会員とし、理事会の議を経て総会で推挙する
4) 賛助会員 : 本会の目的に賛同し本会の維持発展に協力を希望する法人、団体または個人
第6条 会員のその他の資格、権利、義務、入退会などは別に定める細則による。
第4章 役 員
第7条 本会に次の役員をおく。
1) 理事長 : 1名
2) 理事 : 20名前後
3) 監事 : 2名
第8条 役員の選出
1) 理事、および監事は別に定める規定にしたがって選出される。監事は理事、会長、幹事などを兼ねることはできない。
2) 理事長は理事の中より理事会にて選出される。
第9条 役員の職務および任期
1) 理事長は本会を代表し本会の会務の運営統轄にあたる。任期は2年とし再選を妨げない。
2) 理事は理事会を組織し、この会則に定められた事項のほか、総会の権限に属する事項以外の事項を審議し、本会の運営、執行にあたる。任期は2年とし再選を妨げない。
3) 監事は本会の会計監査およびその他の会務の監査にあたる。任期は2年とし再選を妨げない。監事はその任期中、理事会に出席できる。
4) 役員に、役員としてふさわしくない行為があったときは、その任期中であっても、理事会の議決によって、これを解任することができる。
5) 任期中の理事長、監事などの役員に欠あるときは理事会は速やかに後任役員を選出し、総会の承認を受けるものとする。その際の後任役員の任期は前任役員の残任期間とする。
6) 理事は就任年度の4月1日現在で65歳未満のものとする。
第5章 評議員
第10条 本会に評議員をおく。
1) 評議員は正会員を代表して総会を組織し、総会において、この会則に定められた事項を決議するほか、理事長の諮問に応じて、本会の運営に関する重要な事項を審議する。任期は2年とし再選を妨げない。
2) 評議員は就任年度の4月1日現在で65歳未満のものとする。
第6章 大会長
第11条 本会に大会長1名をおく。
1) 会長は理事会の推薦により総会において選出される。
2) 会長は学術集会を主宰する。任期は選任された日に始まり主宰する学術集会の終了した日に終わる。会長および次期会長はその任期中、理事会に出席する。
第7章 幹 事
第12条 本会に幹事をおくことができる。
1) 幹事は理事会の議を経て、理事長が正会員の中から委嘱する。
2) 幹事は理事会の命を受けて本会の会務を分掌する。任期は1年とし再選を妨げない。
第8章 会 議
第13条 本会の会議はつぎの2種とする。
1) 総 会
2) 理事会
第14条 総 会
1) 総会は評議員、名誉会員、特別会員をもって構成する。総会は年1回の定期総会および臨時総会とする。
2) 理事長は、年次学術集会の期間中にその開催地において定期総会を召集し、理事会の決定事項を報告する。
3) 理事長は、理事会が必要と認めたとき、および総会構成員の5分の1以上から会議の目的を示して請求のあったときは、60日以内に臨時総会を召集しなければならない。
4) 定期総会の議長は会長とし、臨時総会の議長は出席者の中から互選によって選任する。
5) つぎの事項は総会の承認を要する。
(1)事業計画および収支予算
(2)事業報告および収支決算
(3)会則の変更ならびに本会の解散
(4)理事、会長、監事の選出および推薦
(5)事業および収支報告
(6)その他、理事会において必要と認めた事項
6) 総会において議決した事項は会員に通告しなければならない。
7) 総会の成立には、委任状を含めて評議員の2分の1以上の出席を要とする。評議員については細則に定める。
第15条 理事会
1) 理事会は理事および会長をもって構成する。
2) 理事長は必要に応じて理事会を召集する。
3) 理事長は、理事の2分の1以上または監事の請求のあったときは、すみやかに理事会を召集しなければならない。
4) 理事会の議長は理事長とする。
5) 理事会の成立には、委任状を含めて理事現在数の2分の1以上の出席を要する。
第16条 議決および議事録
1) すべての会議の議事は特に定められた場合のほかは、出席者の過半数をもって決し、可否同数のときは議長の決するところによる。
2) すべての会議の議事録は議長の責任において作成し、議長および出席代表者2名が署名して、これを保存する。
第9章 委員会
第17条 本会はその業務を行うため必要とする委員会を理事会の議を経て、おくことができる。
第18条 委員会の委員および委員長は理事会の議を経て、理事長が正会員の中から委嘱する。
第10章 会 計
第19条 本会の経費は会費、寄付金、各種補助金、その他をもってこれにあてる。会費は理事会でこれを定め、総会の承認を得るものとする。
第20条 本会の収支予算は会計年度開始前に理事長が編成し、理事会の議決を経て、総会の承認を受けなければならない。
第21条 本会の収支決算は会計年度終了後に理事長が作成し、監事の監査を経て、総会の承認を受けなければならない。
第22条 本会の会計年度は毎年4月1日より始まり、翌年3月31日に終わる。
第11章 会則の変更および解散
第23条 本会の会則は理事会の議決を経たうえ、総会の承認を受けなければ変更することはできない。
第24条 本会は、理事会において4分の3以上の同意を得て、かつ総会の承認を受けなければ解散できない。
第25条 本会の解散後の残余財産は、理事会の議決と総会の承認を受けて、本会の目的と類似の目的を有する公益事業団体に寄付する。
第12章 補則
第26条 本会則の施行についての細則は理事会の議決を経て、別に定める。
第27条 本会則の解釈について疑義が生じた場合には理事会の判断による。
付 属
1) 本会則は平成8年9月27日から施行する。
2) 本会発足にあたる初年度の会計年度は本会則20条の条項にもかかわらず例外として会の発足の日より平成10年3月31日までとする。
3) 本会則は平成13年10月25日から改正する。但し、役員の任期については、現在の任期終了後より施行する。
4) 本会則は平成15年10月24日から改正する。
5) 本会則は平成21年10月31日から改正する。

日本心不全学会会則施行細則

end