jhfs topimage
ホーム  学会について  入会のご案内・会員情報変更  学術集会・行事  トピックス  English

ホーム>学会について>>日本心不全学会会則施行細則

日本心不全学会会則施行細則

日本心不全学会会則

第1章 事務局
第1条 本会の事務局は、一般社団法人学会支援機構内(東京都文京区大塚5-3-13 小石川アーバン4F)におく。
第2章 会 員
第2条 本会に入会を希望するものは、所定の入会申込書を本会事務局に提出する。
第3条 会員は別に定める年会費を前納しなければならない。既納の会費はいかなる理由があってもこれを返納しない。正当な理由なく会費を2年以上滞納したものは退会したものと認める。名誉会員および特別会員は会費の納入を要しない。
第4条 本会は、会員に本会の機関誌を配布する。
第5条 会員は、本会が催す各種の事業に優先的に参加することができる。ただし賛助会員はこれらの事業を傍聴できるものとする。
第6条 正会員のうち評議員をもって総会を構成する。
第7条 本会の名誉を傷つけ、または本会の目的に反する行為のあった会員は、理事会および総会の議を経て、除名することができる。
第8条 会員は、つぎの事由によりその資格を喪失する。
1) 退会の届出をしたとき
2) 死亡
3) 除名
4) 2年を越えて会費を滞納し、かつ勧告に応じないとき
第3章 評議員の選出
第9条 評議員の選出は、正会員の申請に基づき理事会の推薦を経て、総会で承認を得て決定する。
第10条 正会員が、評議員に申請するにあたっては、下記の書類を理事長(事務局気付)に提出する。
1) 評議員申請書
所定の申請書に評議員2名の推薦者を必要とする
2) 履歴書(書式自由)
3) 業績目録(書式自由)
第11条 再選の場合も、1)項および2)項にしたがって選出する。ただし、再選の場合は、評議員2名の推薦者は必要としない。
第12条 選出された評議員は、任期終了後一度まではそのまま再選される。その後は施行細則の規定に従たがって選出される。
第4章 理事および監事の選出
第13条 理事の選出は、理事会が評議員のなかから理事候補者を推薦し、総会で承認を得て決定する。
第14条 監事の選出は、理事会が評議員のなかから監事候補者を推薦し、総会で承認を得て決定する。
第15条 選出された理事・監事は任期終了後一度まではそのまま再選される。その後施行細則の規定に従って選出される。
第5章 会 費
第16条 本会の会費は次の通りとする。
1) 正会員A :年額 10,000円
2) 正会員B :年額 3,000円
3) 賛助会員 :年額 1口 200,000円
第6章 補 則
第17条 本細則は理事会および総会の議決を経て変更することができる。
第18条 本細則の解釈について疑義が生じた場合には,理事会の判断による。
ただし、疑義の生じた項目の改正を速やかに行わなければならない。
第19条 付 則
本細則は平成13年10月25日より施行する。
但し「賛助会員の会費改定については平成14年度会費からとし、役員の任期については、 現在の任期終了後より施行することとした」。
本細則は平成15年10月24日から改正する。
本細則は平成16年9月30日から改正する。
本細則は平成17年10月21日から改正する。
本細則は平成21年10月31日から改正する。

日本心不全学会会則

end