会長あいさつ

photo

第30回日本サイコオンコロジー学会総会
第23回日本臨床死生学会総会
合同大会 会長

埼玉医科大学国際医療センター 精神腫瘍科 教授

大西 秀樹

私たちの日常は様々な出来事の連続です。
多くの場合、その出来事にたいして今までの経験や知識を生かして解決をはかります。そうして日常は過ぎて行きます。

しかし、生と死の分かれ目となる出来事や死が避けられない状況になったらどうするか。今までの知識や経験は生かされず、私たちのこころは想像もつかなかった出来事に悩み苦しみます。本人および周囲の者はどうすれば良いのか?

私たちの日常は不確実な出来事の連続です。しかし、わかっていることが一つあります。それは私たちは死に向かって進んでいることです。

いつか必ず自分の前に表れてくる病気と死。どうすれば良いのか。絶望からは何も生まれません。
やることはあります。たとえどんな状況にあろうとも今を精一杯生きること。
今を自分なりに精一杯生きることで様々な事が見えてくると思うのです。ただ、そのためには先人の経験や知識、研究成果、そして議論が必要です。

そこで、今回のテーマは「死までの生を生きる」にしました。
今回は日本サイコオンコロジー学会と日本臨床死生学会の合同大会です。
サイコオンコロジーの専門家と死生学の専門家が共に集まって議論することで多くの新しい知見が生まれると思います。

また、サイコオンコロジー、死生学にはじめて触れる方々にも基本的なことを学んでいただけるようなプログラムも用意いたします。
今回の学会で生と死に関する知識を増やし、臨床の現場で役立てていただければ幸いです。

お問い合わせ

会長:大西 秀樹
埼玉医科大学国際医療センター 精神腫瘍科 教授

事務局長:石田 真弓
埼玉医科大学国際医療センター 精神腫瘍科

【運営事務局】
〒112-0012
東京都文京区大塚5-3-13
一般社団法人 学会支援機構内
TEL:03-5981-6011
FAX:03-5981-6012
jpos30@asas-mail.jp

企業の皆様へ

リンク

大会ポスターPDFダウンロード facebook