プログラム(予定)

※随時更新していきます。

※オレンジ色のタイトル文をクリックすると概要が表示されます。

10月14日(土)

10:00〜18:00

会長&招待講演

大西 秀樹(埼玉医科大学国際医療センター精神腫瘍科)
「死までの生を生きる」

Richard Fielding(Division of Behavioral Sciences, School of Public Health, The University of Hong Kong)
「Psycho-Oncology in Asia-Pacific - Future directions」

特別講演1

樋口 恵子(評論家:東京家政大学名誉教授、NPO法人 高齢社会をよくする女性の会)

招待講演

保坂 隆(聖路加国際病院)
「トトロと空海は、サイコオンコロジーと死生学に何を教えてくれているのか?」

シンポジウム
  • がん患者と自殺の問題に向き合う(サイコオンコロジー学会、臨床死生学会 合同企画)
  • せん妄はがん医療の現場で発症頻度が高く、かつ最も対応に困る病態のひとつである。せん妄の発症には多要因が複雑に関与しているため、多職種によるアセスメントや介入が有効とされている。そこで本シンポジウムでは、まず「医師」「看護師」「薬剤師」の各職種に求められるせん妄対策のエッセンスについて、せん妄のエキスパートの先生が最新の知見と豊富な臨床経験に基づいてレクチャーを行う。後半部分では、入院経過中に可逆的・不可逆的要因が混在する複雑なせん妄をきたしたがん患者の仮想症例を提示し、各職種が行うべきアセスメントの実際、ケア内容や薬剤選択のポイントなどについて、活発なディスカッションを行う予定である。
  • 本シンポジウムの目的は、@サイコオンコロジーの関係者にとってまだ馴染みの薄い「がんのリハビリテーション」の概念について理解を深めること、Aリハビリテーション領域における精神心理的な問題について、リハビリテーションスタッフから紹介していただき、リハビリスタッフの行っている取り組みなどを知ってもらうこと、Bがんのリハビリテーションと精神科医・心理職の連携の可能性について考えてもらうこと、です。
  • 人生の新しい扉をひらく〜がん体験後の心理的成長〜
  • がん患者に携わる薬剤師に求められる役割〜現在までの歩みと未来への展望
事例検討
  • 緩和医療における「不穏」と言えばせん妄を思い浮かべる医療者も多いと思われるが、ほかにも認知症のBPSD(行動・心理症状)、アカシジア、レストレスレッグ症候群、あるいはうつ病や統合失調症など「不穏」を引き起こす病態は多彩である。「不穏」を引き起こす病態を明らかにすることで問題解決することも多いが、ひとたび「不穏」になってしまうとコミュニケーションエラーが起こりやすく、対応困難感や苦手意識をもつ医療者も少なくないのではないだろうか。
    そこで本事例検討では「不穏」と評価された事例をもとに、病態の解明や状況理解・患者理解のための糸口を様々な立場から検討し、「不穏」患者への対応のヒントを得ることを目指す。
  • 本事例検討ではがん患者の(医療者が)理解しづらい「痛み」を取り上げて、参加者のみなさんと検討を行ないます。検討会ではサイコオンコロジー・緩和ケア領域で心身医学を精力的に実践している近畿大学医学部心療内科の酒井清裕先生に事例を提示して頂きます。また、事例に対するコメンテーターとして、心と体のつながりである心身相関をふまえた診療・研究で大活躍されている心療内科医である関西医科大学緩和ケア科蓮尾英明先生をお招きしています。よくある、けど、悩むケースを深く掘り下げてみませんか?
  • がん治療を中止するか続けるかという判断が必要な場合、患者本人の意向がどこまで確認されているでしょうか。また、患者に確認するプロセスはどのようになっていますでしょうか。みなさんが臨床で抱えている倫理的な課題についてフロアのみなさまと一緒に考える時間にできればと思います。看護師だけでなく、複数の職種のみなさまで議論できればと思います。みなさまのご参加をお待ちしております。

18:45〜20:30

懇親会

※オレンジ色のタイトル文をクリックすると概要が表示されます。

10月15日(日)

9:15〜16:20

特別講演2

國森 康弘(國森写真事務所代表)
「写真が語る、いのちのバトンリレー 〜 被災地、紛争地、在宅看取りの現場から〜」

特別講演3

田村 恵子(京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻)

特別講演4

わが国のがん対策における緩和ケアとこころのケア:第三次がん対策推進基本計画(案)をふまえて

シンポジウム
  • がんと死生学(サイコオンコロジー学会、臨床死生学会 合同企画)
  • がん患者の有する問題は複合的であることも多いため、がん医療においてはしばしば多職種カンファレンスが開催される。しかしカンファレンスでは、参加者間の感情や意見がぶつかり、真の目的を達成することが困難となることも多い。精神・心理の専門家として、カンファレンスが円滑・かつ効果的なものとするためにはどのようなことができるだろうか。本シンポジウムではグループダイナミクスなどを良く理解し、サイコオンコロジストのカンファレンスでの立ち位置、機能、注意点、などについてお二人の先生から解説していただく。
  • 2017年9月に、公認心理師法に基づく政省令がすべて施行になり、公認心理師の養成・運用の制度設計が整うことになります。これを受けて、がん医療に貢献できる公認心理師の在り方、養成、心理師を活用したメンタルケアの普及などについて、委員として公認心理師の制度設計に携わって来られた中嶋先生と、JPOS心理士あり方委員会委員長の岩滿先生にそれぞれの立場からお話しいただきます。
  • 近年、がん治療の進歩に伴う長期生存が見込める患者の増加や、生殖医療の発展による妊孕性温存の選択肢の複雑化といった背景のもと、治療中ないし治療後に挙児を希望する患者への対応に注目が集まっています。本シンポジウムでは、がん生殖医療の第一人者である鈴木直先生をはじめ、がん治療および生殖医療の両面からこの課題に取り組んでこられた3名のシンポジストの先生方と共に、今後のがん医療現場における心理支援のあり方について考えます。なお、本学会において生殖医療をテーマとして取り上げるのは初めての試みであり、生殖医療に関する基礎知識から臨床実践まで総合的に理解し、考える機会になればと思います。
  • 看取り文化の「創造」に向けた世論形成への挑戦
セミナー
  • “遺族外来” “家族外来” 〜私たちが知っておきたいこと〜
  • 不安・抑うつを考える(仮題)
  • どれだけがん治療が発展しても、がんの診断、がんの再発・転移、抗がん治療中止といった「悪い知らせ」を伝えられることは、患者にとって衝撃的なできごとであり、冷静さを失わせるものである。
    患者の意向を尊重し、患者の心情に対して十分に配慮することは、がん対策基本法およびがん対策推進基本計画でも掲げられている事項である。本セミナーにおいては、サイコオンコロジーにおいて重要なトピックである、悪い知らせを伝えられる患者のつらさと、望まれるコミュニケーションについて、国内外の研究結果に触れながら学んで頂くことを目指したい。
  • がん患者のトータルペインを支える上で多職種連携は欠かせないが、心理社会的サポートについては精神腫瘍医、専門・認定看護師、心理士などが中心に関わることが多い。しかし、実際それぞれの職種が患者の苦悩をどのように聴き出し、どのような配慮を行い、どのような点に注意を向け、どのような声がけを行うかなどは異なっていることがある。
    そこで本セミナーでは、トータルペインを抱える患者に対する各職種の面接の方法について、共通点あるいは相違点を共有し、職種間の相互理解を深めることを目的とする。また、複数の職種が同席して面談を行う場合の相補的役割についても検討を行いたい。
事例検討
  • 緩和ケアにおいて、患者の悲嘆に寄り添いあるいは怒りに対峙することから疲弊する医療者は少なくなく、医療者自身の「うまくいかない」という不全感や、時には医療者間の意見の対立を生むこともある。
    こうした医療の質の低下を招きかねない事態を回避するためには、患者の心理のみならず、医療者自身(あるいは組織として)の心理の動きに目を向けることは重要と思われる。
    このセッションでは、実際の症例を巡り起こった医療者の心理的な葛藤についての事例を供覧し、いくつかのディスカッションポイントを設定してフロアを含めた意見交換を行う。
  • がんというシビアな問題を抱えながら日々過ごす患者の「行き場のない怒り」は医療者に向けられることがある。それは、「暴言」「過度の要求」「頻回なクレーム」といった形で表現され、その対応には怒りをめぐる理解が必要になるが、医療者は戸惑い苦慮することが多い。当日は実際の事例を通して、その背景にある器質的問題、精神障害、パーソナリティ、心理的反応、薬物療法の影響などの視点から患者の怒りをどう理解したらよいのか紐解く。そして患者・医療者双方の傷つきをなるべく少なくするには、どのような工夫・ケアが考えられるのか、皆様と共に考えたい。
  • がん医療における認知症ケアのチームアプローチ- 認知症ケア加算取得の実際を通じて -
  • 患者に「死にたい」、「早く逝かせてほしい」と言われ、どうしたらいいのか・・・、患者の苦しみの前に自分の無力さを感じたことはないだろうか。患者の気持ちに寄り添うケアは、もちろん重要であるが、それ以外に私たち医療者にできることはないだろうか?何か見落としてはいないだろうか?
    本セッションでは、臨床心理士、看護師、医師の先生方に登壇していただき、事例を通して、希死念慮を表出した患者の苦痛のアセスメントと対応について学ぶ機会にしたい。
  • コミュニケーションや関係構築に難しさを感じる患者へのアプローチ〜パーソナリティ障害の観点から対応を考える〜

16:30〜17:30

市民公開講座「いまを生きる」

コシノジュンコ(デザイナー)

大西 秀樹(埼玉医科大学国際医療センター精神腫瘍科)

お問い合わせ

会長:大西 秀樹
埼玉医科大学国際医療センター 精神腫瘍科 教授

事務局長:石田 真弓
埼玉医科大学国際医療センター 精神腫瘍科 講師

【運営事務局】
〒112-0012
東京都文京区大塚5-3-13
一般社団法人 学会支援機構内
TEL:03-5981-6011
FAX:03-5981-6012
jpos30@asas-mail.jp

企業の皆様へ

リンク

大会ポスターPDFダウンロード facebook