〒112-0012 東京都文京区大塚5-3-13
一般社団法人 学会支援機構内
お問い合わせ:jsaae@asas.or.jp

お知らせINFORMATION


日本動物実験代替法学会研究助成金募集要項
第10回マンダム動物実験代替法国際研究助成金公募

募集基金の名称
  第10回マンダム動物実験代替法国際研究助成金公募
  募集機関
  日本動物実験代替法学会
  対象応募条件
  国公立私立大学、国立または非営利事業財団等の研究機関において、以下の研究内容に従事する研究者(日本動物実験代替法学会会員であること)で、アジアを中心とした全世界の研究者が対象
  研究内容
  動物実験代替法に関する研究(研究分野は問わない)
  応募方法
 

以下の件について記載された書類(ワードが望ましい)のメールによる添付送信、もしくは書類での送付による申込み
(1)申込者氏名 (2)生年月日 (3)年齢 (4)所属 (5)連絡先(住所・電話番号・FAX番号・メールアドレス) (6)学位および取得年月日 (7)専門分野 (8)研究歴 (9)助成を受ける研究テーマ (10)助成を受ける研究の目的 (11)助成を受ける研究の計画 (12)助成金の使途 (13)予想される成果

PDFファイル pdf MS wordファイル word
       
PDF(English) pdf MS word(English) word
   
  応募締め切り
  2017年1月31日  送付の場合は同日消印有効
  応募先
  城西大学薬学部 病院薬剤学研究室
木村聡一郎(日本動物実験代替法学会 総務委員会)
電話:049-271-7685 FAX: 049-271-7522
E-mail: sokimura(at)josai.ac.jp(メール送信の際には、(at)を@に置き換えてください)
  選考方法
  日本動物実験代替法学会の学術委員会による選考
  選考基準
  3Rs(Replacement、Reduction、Refinement)の考えに沿っていること 特にReplacementに着目した研究テーマであることが望ましい(助成金にて動物実験を一切行わない)
  助成金額
  1件あたり50万円〜200万円、総額250万円/年間
  助成期間
  2017/04/01〜2018/03/31の1年間
  助成対象者の義務
   使途範囲は、助成対象の研究に役立つものであれば特にその使途に制限を設けないが、申込書記載の通り使用することを原則とする。
 助成終了後2ヶ月以内に助成対象の研究報告書および助成金使用明細書を提出すること。
助成対象の研究成果を2018年の日本動物実験代替法学会大会で発表すること。ただし、研究の計画を中心とした中間報告を2017年の日本動物実験代替法学会大会で発表していただくこともある。
 また、上記の発表に加え、研究終了後にAATEXをはじめとする関連学術雑誌に、原著論文として投稿すること。助成終了後24ヶ月以内に投稿原稿が受理された場合は別刷りを提出し、受理されていない場合は投稿雑誌名および投稿原稿の写しを提出し、その後投稿原稿が受理された場合は後日別刷りも提出すること(投稿論文および別刷りの提出先は応募先と同じとする)。
 研究成果の発表時に、「マンダム動物実験代替法国際研究助成金公募による研究」と記載すること。
これら義務を果たさない場合は、協議の上、対応方法を決定する。
  審査および交付のスケジュール
  2016/11/01〜2017/01/31 募集期間
2017/02 上旬〜下旬 審議、助成対象者決定
2017/03上旬 助成対象者発表、諸手続き(助成金の振込みは5月上旬となります)
2017/04/01〜2018/03/31 助成期間
  問い合わせ先
  応募先に同じ(なるべくE-mailまたはFAXを利用してください)
  その他
  成果の取扱については、助成対象者に帰属する
ただし、この助成金による研究は、動物実験代替法分野の活性化をはかることを目的とするため、その成果については、公知とすることが望ましい

今回得られた個人情報につきましては、この助成金選考にのみ使用いたします


バナースペース


日本動物実験代替法学会事務局

〒112-0012
東京都文京区大塚5-3-13 
一般社団法人 学会支援機構内

TEL 03-5981-6011
FAX 03-5981-6012
MAIL:jsaae@asas.or.jp