newsletter1
会長所感一ニュースレター再刊について
平成6 年度研究助成金の募集
日本動物実験代替法学会第 8回大会開催のご案内
MONASH  ANIMAL  WELFARE  CONFERENCE  PROCEEDINGS
JOSEPH  F.MORGAN  RESEARCH  FOUNDATION
IN  VITOX94 8th  International Workshop on In  Vitro  Toxicology のご案内
1994年度の会費請求
編集後記
 




会長所感―ニュースレター再刊に際して  

 昨年の第1 回代替法世界会議(The  World Congress  on Altenatives  and  Animal Use in  the Life Sciences,Baltimore.USA,November14-19.1993 )では日本の学会会長として日本での学会の急速な発展ぶりと動物慰霊祭を行う日本人の心を伝えることが出来喜んでおります。しかし、学会の研究費援助への応募が少なかったことや、活動の中心が in vitrotoxicology にばかりむいていることに不安を感ぜざるを得ません。最近カナダのJoseph
Morgan  Research Foundation (カナダで代替法推進のために作られた財団のようです)では、先の世会会議にカナダからの積極的参加が少なかったことを嘆くと共に会議の印象として代替法が科学として独立しつつあることを感じたと述べています。
 私達の日本動物実験代替法学会は欧米とは社会的環境も異なるところがあって、有志の研究者たちが科学者の責務として自らの意志で 3つのR に挑戦すべく結集して作り上げてきたものです。その初志を貫徹すべく代替法は科学の一分野として自立させるべく頑張ろうではありませんか。本当の代替はメカニズムの解明と不可分に結びついています。そのメカニズムの内で分析で解明できる部分は現在の分子細胞生物学の独壇場です。しかしその総合となると中々手がつかず結局動物実験に頼らざるを得ないのでしょうか。この中間にこそ代替法の新しい分野があるのかも知れません。
 放射線リスクの問題から発ガンのメカニズムについて現在の DNA損傷・突然変異・癌という単純モデルに対して新しい考え方の導入の必要性を感じそれを模索しながらここからも新しい代替法を作り上げるべきだと考えました。
                                       平成6 612

 



 

平成6 年度研究助成金の募集

      研究助成します!

 日本動物実験代替法学会では、哺乳動物個体を対象とした実験の代替法開発を促進するため、代替法の目的である 3つのRReduction Refinement,Replacement)のうち、一つでも実現しよとしていることが明確か、あるいはその基本精神を持って研究に取り組もうとしている研究計画であることを主たる審査基準に、会員むけに研究助成を行っています。平成 6年度は、助成件数6 件程度をめどに、総額6,136,000 円の予算を確保しており、募集締め切りは、831日です。
 医・薬・農・工・生物学関係の幅広い分野の方々に、代替法研究に参加して頂きたいため、日本動物実験代替法学金に入会すれば直ちにこの助成金への応募資格が得られますので、下記に FAXにてお問い合わせ下さい。 

学会入会申し込み先:〒 229相模原市淵野辺1-17-71
   麻布大学獣医学部実験動物学教室・日本動物実験代替法学会事務局
                ( FAX0427-54-6986 ) 

研究助成金に関する詳細間い合わせ先:〒 305つくば市高野合3-1-1
    理化学研究所ジーンバンク室・日本動物実験代替法学会プロジェクト委員会
                ( FAX0298-36-9130

  


 

日本動物実験代替法学会研究所助成選考基準
(平成63 29日 評論委員会決定)

1.動物実験代替法の目的である 3つのRReduction,Refinement,Replacement )のうち、一つでも実現しようとしていることが明確か、あるいはその基本精神を持って研究に取り組もうとしていると受け取れる研究計画であること。なお、代替法の対象となる動物とは、当面は、哺乳動物を考えるものとする、

2.この研究助成による研究成果を 3年以内に刊行できる実力があると判断しうる資料を提示できる研究者であるこ

3.研究助成は 3年を限度として継続的に行うことがある。ただし、その中間報告で、研究成果が必ずしも十分ではないと判断された場合には研究助成金の交付を打ち切る場合がある。
 なお、(これまでに報告された研究の路線延長線上にはない独創的研究計画、もしくは、プロジェクト委員会によるバりデーション試験計画の次期提案に直結する内容をもつものには、重点的に配慮することがあります。 


日本動物実験代替法学会第 8回開催のご案内 

            日本動物実験代替法学会会長 菅 原   努
            8 回大会会長麻布大学学長 中 村 経 紀
            大会組織委員長 麻布大学教授 黒 田 行 昭

 新緑の美しい季節となりました。皆様にはご健勝のこととお慶び申しあげます。さて、日本動物実験代替法学会も第 8回大会を数えるまでになり、今回下記のように開催いたします。現在、ライフサイエンスの各分野において、実験動物を使用した研究が基礎、応用の各方面で使用されておりますが本学会ではこのような実験動物を使わないで、それに代わる優れた新しい技術や方法を開発し、それを化学物質の毒性評価や各種生体反応をしらべるための研究、発表、調査、教育などを行っております。
 今回の大会では、この分野の重要な、また新しい研究の現状や動向を把握し、また討論していただくために、外国からの招待者の特別講演や、重要なテーマについてのシンポジウムやワークショップを開く予定をしております。また、会員の皆様の一般演題はすべてポスター発表によって、研究内容の展示や活発な討議をしていただきたいと存じてお .ります。多数の方々のご参加をお待ちいたしております。

               会 期:199411 28日(月)、29 日(火)
               会 場:国民年金中央会館 こまばエミナース
                       153 東京都目黒区大橋2-19-15
                               TEL03-3485-1411  FAX03-3467-5791

 


  
日本動物実験代替法学会第8回大会

                   日本動物実験代替法学会会長 菅 原   努
                   第8回大会会長 麻布大学学長 中 村 経 紀
                   大会組織委員長 麻布大学教授 黒 田 行 昭

  会期:1994年11月28日(月)、29日(火)
  会 場:国民年金中央会館 こまばエミナース  〒153東京都目黒区大橋2-19-15
                            TEL03-3485-1411 FAX03-3467-5791

  特別講演:”The present validation programs of altemative tests in Europe:attitude of the health authorities, the German E xperience.”
      Dr.Horst Spielmann,NationalCenter for Documentation and Evaluation of Alternative Methods to AnimalExperiments、Berlin,Germany.
  シンポジウム: 1.「重金属の各種毒性の代賛法による検定と評価」
                       オーガナイザー:佐藤温重(東京医歯大)
          2.「代替法による経皮吸収試験の考え方」
                       オーガナイザー:小西宏明(メナード化粧品)
          3.「発生毒性試験を哺乳類全胚培養法で代替できるかj
                       オーガナイザー:東海林隆次郎(愛知心障者コロニー)
          4.「動物福祉と管理についての現状と展望一代替法の役割一」
                       オーガナイザー:菅原 努(体質研究会)
  ワークショップ: 「動物実験代替のための組織機能保持細胞株」
                       オーガナイザー:帯刀益夫(東北大・加齢研)

  一般演題;2日ともすべてポスター展示による発表になります。
  ゴールデンプレゼンテーション賞:一般演題の中から投票により受賞者を選出し、表彰します。
  総 会:大会第1日目 11月28日)15:00 16:00
  懇親会大会第1日目 11月28目)18:0020:00  こまエミナース 鳳風の間
  参加費:会長5,000円、非会員 7,000円(11月15日以降は、会員、非会員とも8,000円になります)
  参加申込:参加申込用紙に必要事項をご記入の上、お申込みください。
  一般演題申込:演題申込用紙および連絡先ラベルに必要事項をご記入の上、お申込みください。
         演題締切:1994年8月20日必着
         抄録締切:1994年9月20日必着
         演題を申し込まれた方には、所定の抄録用紙をお送りいたします。抄録の様式は前年度に準じる予定です。
  宿泊:宿泊のお世話はいたしませんので、各自でお手配ください。

  大会事務所:〒227神奈川県相模原市淵野辺1-17-71
           麻布大学環境保健学部生命科学講座
           日本動物実験代替法学会 第8回大会組織委員会
              組織委員長 黒 田 行 昭
               TEL.0427-54-7111(内線349) FAX0427-54-7661
 
 



 
MONASH ANIMAL WELFARE CONFERENCE PROCEEDINGS MAY 1993
                                              SPEAKERS INCLUDE:
・Professor Peter Singer - Animals ,Ethics,Experimentation
・Dr.Aubrey Townsend - Not all Animals are Equal
・Dr.Don Boisvert - Ethica] Scoring Systems - do they really add up?
・Associate Professor Geoff Bentley & Professor Colin Goodchild
・Analgesics; To use,or not to use,that is the question.
・Dr.John Cox - Selection of abjuvants for production of antisera
・Dr.Maria Lah - Superseding animals in antibody production
・Dr.Graeme Jenkin,Dr.Branco Cesnik.Dr.Warren Williams - The relativemerits of animals,computers,and videos in teaching undergraduate students
・ Dr.Jim Wong - Quality of life for laboratory animals
・ Panel Discussion - What does ”Animal Welfare" mean to me? How can I be sure it's happening?
138 Pages,Perfect Binding (B5)
 
Please send to : Ethics & Integrity in Research,Monash University,Clayton,Victoria 3168, Australia
 
Amount - $30.00

 
 
JOSEPH F.MORGAN RESEARCH FOUNDATION
December , 1993
Re : International Symposium
"Current Trends : In Vritro Skin Toxicology & Eye lrritancy Testing"
The proceedings of the Symposium will finally be available in the newyear.The volume reflects a great deal of work by authors , editors andJFMRF staff . The price for the volume is $50.00 (including GST) . Forthose who attended the symposium it will be complimentary . If you areinterested,please use the form below to order your volume today.
Yours sincerely,
 
Tony Youdale
Executive Director
 
MAIL TO :
J.F.MORGAN RESEARCH FOUNDATION
401 - 126 York Street
Ottawa, Ontario
CANADA K1N 5T5
tel : 613-562-3397 fax : 613-565-2173
 
 



 INVITOX 94
8th International Workshop on In Vitro Toxicology のご案内
                   Date : September 20-23, I994
                   place : Kartause Ittingen,Switzerland
 
1 . Science Information
・ACCOMMODATION
Single, double, triple and four bed rooms are available for 100-177sFr. night including full board.
・REGISTRATION .
The number of participants is limited to 120. The registration feeof sFr . 500.- includes abstract booklet, the social program and the proceedings volume to be published as
a special issue of Toxicology In Vitro . A 50% reduclion is offeredfor students (proof of student status required) .
・CALL FOR PAPERS
If you wish to submit a manuscript for publication in the workshopproceedings, bring 3 copies of your paper to the workshop (Format accordingto the jiournal "Toxicology
In Vitro" ) .
・ORGANIZING COMMITEES
Christoph A.' Reinhardt, Chairperson, (SIAT, Zurich)
Sergio Bellucci (MTI. Technopark Zurich)
Marie-Theres Caratsch (MTI, Technopark Zurich)
Catherine H . Schein (SIAT, Zurich)
Beat P. Schmid (Zyma, Nyon)
Friedrich E. Wurgler (ETH & Univ. Zurich)  
・ORGANISATION
Dr. Ch. A. Reinhardt
SIAT , Swiss Institute for Alternatives to Animal. Testing
Technopark , Plingstweidstrasse 30
CH-8005 Zurich
Tel +41-1-445 15 30 Fax +41-1-445 15 35
 ・LOCATION
The Kartause Ittingen can be reached by tram and car within 30 minutesfrom the Airport Zurich-Kloten.
 
2 . Background
・ABOUT THE WORKSHOP
The international workshops on in vitro toxicology are held in Europeevery two years.
They are intended to promote the exchange of views , information andexperience among
scientists developing in vitro methods for use in toxicology and toxicity testing. The
first seven workshops were held in Soesterberg (The Netherlands, 1980). Stockholm
(Sweden. 1982) . Urbino (Italy, 1984) , Crieff (Scotland, 1986) , Schloss Elmau (FRG,
1988) , Seillac (France, 1990) and De Haan (Belgium., 1992) .
The 1994 workshop will be held at the Kartause Ittingen (Swizerland), a chamingly
renovated medieval monastery equipped with modern meeting facilitiesand accommoda-
tions .  
・ SCIENTIFIC COMMITTEE
Diane J . Benford (Guildford, U. K.)
Bas J . Blaauboer (Utrecht , the Netherlands)
Jose V . Castell (Valencia. Spain)
Francelyne Marano (Paris, France)
Christoph A. Reinhardt (Zurich, Swizerland)
Vera Rogiers (Brussels , Belgium)
Diethmar Schiffmann (Rostock , Germany)
Annalaura Stammati (Rome, Italy)
・ OPENING
Tuesday , 20 September 1994
10.00Registration and Poster Mounting
12.00 Lunch Buffet and Get-Together
13.00 Opening
 
3 . Program
Session 1 : Immunotoxicology and the Nervous System
Chair:Christoph A. Reinhardt
Immune-mediated cell death in the CNS (Adriano Fontana , Zurich. CH)
Molecular control of blood-brain barrier cell permeability (Lee Rubin, London , U. K.)
・Oral presentations
・Posters and coffee
Oral poster presentation and conclusions of the chairperson
The Foundation of the European Society of In Vitro Toxicolgy (FlaviaZucco ,Rome, 1)
Dinner
Museum Tour in Kartause Ittingen
 
<<Wednesday,21 September 1994>>
Session2: Cellular and Molecular Stress Regulation and Apoptosis
Chair:Amalaura Stammali
 
Simultaneous measurement of 15 stress-inducible genes in hunlan livercell (Spencer Farr, Boulder, USA)
Role of C-myb and "tissue" transglutaminase in the physiological celldeath program (Mauro Piacentini , Rome, 1)
・Oral presentations
・Posters and coffee
Oral poster presentation and conclusions of the chairperson
Lunch

Session 3 : Target Organ 1
Chair:Vera Rogiers
 
Endothelial cells in culture,a model to study vascular toxicity invitro (Jean Luc Wautier , Paris , F)
Haemopoietic and osteogenic activity in vitro reconstituted by thebone mal~row )
micro environment (Greet Schoeters , Mol, B)
・Oral presentations
・Posters and coffee
Oral poster presentation and conclusions of the chairperson
Dinner
Concent in the Baroque Church of the Kartause Ittingen
 
<<Thursday, 22 September 1994>>
session 4 : Target Organ 2:Developmental Aspects
Chalr: Francelyne Marano
 
In vitro cellular models for cardiac development and pharmacotoxicology(Jurgen Hescheler, Berlin, and Anna Wobus, Gatersleden, D)
An in vitro model system of embryonic erythropoiesis based on differentiated embryonic stem cells (Max Gassmann, Zurich, CH)
・Oral presentations
・Posters and coffee
Oral poster presentation and conclusions of the chairperson
Lunch
 
Session 5 : New Molecular Techniques to Monitor Toxicity in vitro
Chair: Diethmar Schiffmann
 
Cellular gene technology for constructing metabolically competent cells(Andrea Pfeifer, Lausanne, CH)
Transgenic cell lines and changes in gene function and expression:Usefultools in toxicity testing? (Jean Horbach, Utrecht , NL)
・Oral presentations
・Posters and coffee
Oral poster presentation and conclusions of the chairperson
Banquet:Dinner speech by Heinz Reust (Federal Health Office Berne,Switzerland)
 
<<Friday, 23 September 1994>>
Session 6 : Biokinetic Modeling and in vitro Assays
Chair:Jose Castell

Application of in vitro systems to the predictions of in vivo biokinetics (John Frazier, Baltimore, USA)
Computer-aided biokinetic modeling combined with in vitro data (Benvan Ommen, Zeist, NL)
・Oral presentations
・Posters and coffee
Orai poster presentation and conclusions of the chaiperson
Final discussion
Lunch buffet
 




1994年度の会費請求
 
1994年度の会費を同封の振込用紙に記入のうえ、送金してください。
口座の振込先が昨年と異なっておりますのでこ注意ください。
新しい口座番号(郵便振替)は次のとおりです。
00290-0-60988
日本動物実験代替法学会
なお、1993年度の全費未納の会員も、1994年度の会費と込みで送金をお願いいたします。正会員の会費は年額5千円となっております。
 



編集後配
しばらく休刊状態にありましたニュースレターですが、年間3回発行を当面の目標として頑張りますので、よろしくお願い申し上げます。
今日、動物代替の必要性は、研究者のみならず社全的にもますます重要な課題として認識されつつあります。今後ニュースレターを学会事務局から会員へのお知らせにとどまらず、世界の動物代替研究の動きや動物代替に対する意見や提案の場として、大いに活用していただこうと考えています。会員皆様からの活罷な御鴬見、情報提供を心待ちにしております。
(星宏良)
ニュースレターに投稿希望の方は、下記まで原稿を送って下さい。
原稿送り先:
〒990山形市南三番町11-26
機能性ペプチド研究所
「JSAAEニュースレター編集事務局」
星宏良
Te-0236-33-8975 Fax0236-33-8928