JSAAE News Letter

2000年 No.15 7月

Japanese Society of Alternatives to Animal Experiments

日本動物実験代替法学会

目次

1.第14回日本動物実験代替法学会大会開催案内(第1回) 2

2.第14回日本動物実験代替法学会大会サテライトセッション 5

3.ボロニア宣言(英文) 6

4.ボロニア宣言(邦文) 12

5.マスコミ情報記(小島肇夫) 18

6.速報 新バリデーション計画進行中(広報委員会) 18

 

 第14回日本動物実験代替法学会大会開催案内(第1回)    

                               

会期:2000年11月15日(水)・16日(木)・17日(金)

会 場:市川市文化会館

大会長:金子 豊蔵(国立医薬品食品衛生研究所)

 

【プログラム】

11月15日(水)

  サテライトセッション(14:00〜18:00)

「皮膚刺激性試験代替キットの使用方法と利用上の注意」

   オ−ガナイザ−:小島 肇夫(メナ−ド化粧品(株))

11月16日(木)

  シンポジウム 1(9:30〜12:00)「安全性評価における動物実験代替法のいま」

     オ−ガナイザ−(座長):

板垣  宏((株)資生堂ライフサイエンス研究センタ−)

       金子 豊蔵(国立医薬品食品衛生研究所)

  1)変異原性試験      石館  基(元国立医薬品食品衛生研究所)

  2)エンドトキシン試験法     村井 敏美(国立医薬品食品衛生研究所)

 3)医療用具の生物学的安全性試験 中村 正明(大阪歯科大歯科理工)    

  4)化粧品の安全性評価における動物実験代替法

      事例1          板垣  宏((株)資生堂ライフサイエンス研究センター)

      事例2          佐藤  淳(メナ−ド化粧品(株))   

      事例3           Dr. Danna Laurie (P&G(株))   

  

特別講演(13:00〜14:00)

座長: 黒川 雄二(国立医薬品食品衛生研究所)

Current Validation Studies on Alternatives to Animal Experiments in Europe

Dr. Horst Spielmann (ZEBET, Berlin,Germany)

  

受賞講演(14:00〜15:00): 未定 

  

シンポジウム 2(15:00〜18:00)

「代替法としてのハイスルプットスクリ−ニングとその問題点」

     オ−ガナイザ−(座長):

鎌滝 哲也(北海道大学大学院薬学研究科)

堀井 郁夫(日本ロシュ株式会社研究所)

  1)3Dキューサーと医薬品の設計 板井 昭子(医薬分子設計研究所)

  2)創薬とファーマコゲノミクス 田中 利男(三重大学医学部)

3)DNAチップの応用 峰野 純一(タカラ酒造)

4)医薬品安全性試験におけるHTS 堀井 郁夫(日本ロシュ研究所)

5)我が国における薬物代謝のHTSの開発

藤田 健一(北海道大学大学院薬学研究科)

6)薬物代謝のHTS Dr. Charles Crespi (Gentist )

7)HTS-Enzyme Induction Dr. Andrew Parkinson (XenoTech)

8)まとめ         鎌滝 哲也(北海道大学大学院薬学研究科)

 

11月17日(金)

  パネルミ−ティング(9:15〜10:30)

「皮膚刺激性試験代替キット利用とその問題点」

  オ−ガナイザ−:小島 肇夫(メナ−ド化粧品(株))

 

ポスタ−討論(10:30〜12:00)

  ミニ・ワ−クショップ(13:00〜15:00)「急性毒性評価のための新しい試み」

   オ−ガナイザ− 川崎  靖(国立医薬品食品衛生研究所)

           小野  宏(食品薬品安全センタ−)

        座長 小野  宏(食品薬品安全センタ−)

           山中すみへ(東京歯科大)

  1) Introduction   小野  宏(食品薬品安全センタ−)

2) MEIC プロジェクト−細胞毒性からヒト急性毒性の予測

                 田中 憲穂(食品薬品安全センタ−)

  3) 培養細胞を用いた急性毒性評価   山中すみへ(東京歯科大)

  4) Apoptosisの定量的測定による毒性評価 斎藤 文代(化評研)

  5) 癌細胞パネルからみた提言

「薬剤感受性試験データとバイオインフォーマティクス」

        矢守 隆夫(癌研)

  6) Determination of the Starting Dose for Acute Oral Toxicity (LD-50) Testing

from Cytotoxicity Data Dr. Manfred Liebsch,(ZEBET) 

  

総 会(15:00〜16:00)

  

市民公開フォ−ラム(16:00〜18:30)

「初等・中等教育における動物実験とその代替法」

     オ−ガナイザ−(座長):  黒澤  努(大阪大学医学部)

                 二宮 博義(麻布大学獣医学部)

1) Better Science Teaching with Humane Alternatives 

Dr. Balcombe(A.R. I., The Humane Society of the United States)

2) 小学校における動物に関する教育 

岸本 祐希(神戸大発達科学部附属明石小)

3) 我が国における初等中等教育の動物実験代替法の実状 

小川 朝子(AR石川)

4) 中高等教育における動物実験代替法の実践 

飯島 和重(清泉女学院中学高校)

 

【申込締切及び参加費】

一般演題申込期限:2000年7月31日

大会参加申込期限:2000年9月30日

会 員: 5,000円(7,000円)

非会員: 7,000円(10,000円)、( )は、10月1日以降

 

【問い合わせ先】

〒158-8501 東京都世田谷区上用賀1-18-1

国立医薬品食品衛生研究所 毒性部内

第14回日本動物実験代替法学会大会事務局

TEL: 03-3700-9673 FAX: 03-3700-2348

E-mail: jsaae14@nihs.go.jp

 

 第14回日本動物実験代替法学会大会 サテライトセッション

                               

「皮膚刺激性試験代替キットの使用方法と利用上の注意」

(キット使用講習会)

 

欧米では、皮膚腐食性の評価において、培養皮膚モデルなどを用いる代替法の評価

研究が終了しており、OECDガイドラインへの収載も検討されています。さらに、欧

州では皮膚刺激性試験代替法に関する評価研究が進行しており、皮膚反応のin vitroに

よる評価は代替法の開発の中でも、最も進んでいる分野の一つと考えられます。

日本においても、学会員の皆さんに皮膚刺激性試験代替キットの現状を把握していただ

き、普及に努めるため、キットメーカー4社の協力のもと、第14回日本動物実験代替

法学会大会 サテライトセッションとして、キット講習会を開催することになりました。

また、講習会終了後には、キットにより習熟したいただくため、特別価格による有償サ

ンプルの供給、学会からの試料提供による共同研究を予定しています。興味がある方、

この機会に種々のメーカーのキットを把握したい方、キット使用経験者などの多くの参

加をお待ちしております。大会前日、代替法キットの講習会により有意義な時間を過ご

していただきたく、ご参加をお待ちしております。なお、キット数の関係上、参加は事

前登録者のみに限らせて戴きますので、参加希望者は8月10日までに、同封の別紙参

加申し込みにキット希望などを記載の上、FAXにて小島まで送付下さい。

 

 

日 時:平成12年11月15日(水)14:00〜18:00 第14回大会前日

場 所:千葉・市川市文化会館 講義室

参加費:無料(事前の大会参加登録が必要となります)

オーガナイザー:金子大会長(国立医薬品食品衛生研究所)、

小島肇夫(日本メナード化粧品株式会社)

参加キットメーカー名:グンゼ、クラボウ、東洋紡、極東製薬  以上4社

内容:・キットメーカーによる使用説明及び講習

・各キットの特徴紹介

・有償サンプルの供給と共同研究の提案(希望者のみ)

 

問い合わせ先:日本メナード化粧品株式会社 総合研究所

小島肇夫

TEL:052-531-6269、FAX:052-531-6277

E-mail:KYV06634@nifty.ne.jp

 

 DECLARATlON OF BOLOGNA             

                              

Reduction, Refinement and Replacement

Alternatives and Laboratory Animal Procedures

 

Adopted by the 3rd World Congress on Alternatives and Animal Use in the Life

Sciences, Bologna, Italy,31 August 1999

 

The "Three Rs" of Russell and Burch, reduction, refinement and replacement,

had their origin in a project initiated in 1954 by the Universities Federation for

Animal Welfare (UFAW), which led to the publication in 1959 of The Principles of

Humane Experimental Technique, by W.M.S. Russell and R.L. Burch (1). In 1978,

David Smyth used the word alternatives to define the Three Rs (2).

In their book, Russell and Burch stated that "The greatest scientific

achievements have always been the most humane and the most aesthetically

attractive, conveying that sense of beauty and elegance which is the essence of

science at its most successful". They defined: Reduction alternatives as methods

for obtaining comparable from the use of fewer animals in scientific procedures,

or information from the same number of animals.

Refinement alternatives as methods which alleviate suffering and distress,

and which enhance animal Replacement alternatives as methods which permit a

given purpose to be achieved without conducting experiments or other scientific

procedures on animals.

 

1. Russell, W.M.S. & Burch, R.L. (1959). The Principles of Humane

Experimental Technique. 238pp. London: Methuen. Smyth, D. (1978).

2. Alternatives to Animal Experiments. 218pp. London : Scolar Press.

 

The participants in the 3rd World Congress on Alternatives and Animal use

in the Life Sciences strongly endorse and reaffirm the principles put forward by

Russell and Burch in 1959. Humane science is a prerequisite for good science,

and is best achieved in relation to laboratory animal procedures by the vigorous

promotion and application of the Three Rs.

The "Three Rs" should serve as a unifying concept, a challenge, and an

opportunity for reaping benefits of every kind - scientific, economic and

humanitarian.

 

BACKGROUD TO THE THREE Rs DECLARATION OF BOLOGNA

 

Conclusions and Recommendation on the Reduction, Refinement and

Replacement of Laboratory Animals Procedure

 

Adopted by the 3rd World Congress on Alternatives and Animals Use In the Life

Sciences, Bologna, Italy, 31 August 1999

INTRODUCTION

 

Laboratory animals procedures have made significant contributions to

biomedical research in the past, as well as to the safety and efficacy evaluation

of chemicals and products of various kinds. Some such use of vertebrate animals

will continue to be necessary for the foreseeable future, in the interests of human

beings and other animals.

 

The Origins of the Three Rs Concept

What are now known as the Three Rs of Russll and Burch, namely reduction,

Refinement and replacement, had their origin in a project initiated in 1954 by

the Universities Federation for Animal Welfare(UFAW), which led to the

publication in 1959 of The Principles of Humane Experimental Technique, by

W.M.S. Russell and R.L.Burch(1).

Russell and Burch defined reduction as a means of lowering "the number of

animals used to obtain information of a given amount and precision", refinement

as any development leading to a "decrease in the incidence or severity of

inhumane procedures applied to those animals which have to be used, and

replacement as animal experimentation replace methods which use conscious

living vertebrates". They summed up their main message, as follows:

If we are to use a criterion for choosing experiments to perform, the criterion

of humanity is the best we could possibly invent.

The greatest scientific achievements have always been the most humane and

the most aesthetically attractive, conveying that sense of beauty and elegance

which is the essence of science at its most successful.

 

The Acceptance of the Three Rs Concept

Relatively little attention was paid to the Three Rs concept during the 1960s,

but a number of significant developments took place during the 1970s, including

the publication of a survey of Alternatives to Animal Experiments, conducted for

the Research Defence Society by Professor David Smyth, in which he provided

a Three Rs definition of alternatives (2):

AII procedures which can completely replace the need for animal experiments,

reduce the number of animals required or diminish the amount of pain or

distress suffered by animals in meeting the essential needs of man and other

animals.

The 1980s saw the introduction of a number of national and international

laws and conventions with a Three Rs basis, notably, in Europe, the Council of

Europe Convention for the Protection of Vertebrate Animals used for

Experimental and Other Scientific Purposes (3) and Council Directive

86/609/EEC of 24 November 1986 on the Approximation of Laws, Regulations

and Administrative Provisions of the Member States Regarding the Protection of

Animals Used for Experimental and Other Scientific Purposes (4).

Also in 1986, a report by the US Congress Office of Technology Assessment on

Alternatives to Animal Use in Research. Testing and Education (5) provided

detailed evidence of the broad scope and potential value of the Three Rs concept

of alternatives, while in 1985, the Council of International Organization in the

Medical Sciences (CIOMS) published a set of International Guiding Principles

for Biomedical Research Involving Animals (6).

 

The Three Rs Concept Today

By the end of the 1980s, new laws and guidelines were in place various parts

of the world, which not only recognized Russell and Burch's concept, but placed

legal and moral obligations on all concerned, to seek to reduce, refine and/or

replace laboratory animal procedures wherever possible.

Much will have been achieved by the end of the 1990s, but, for some time to

come, securing the universal implementation of the Three Rs concept will remain

a major challenge confronting all those who are in any way involved in the use of  

laboratory animals in research, testing and education.

The 1st and 2nd World Congresses on Alternatives and Animal Use in the

Life Sciences were held in Baltimore, USA, In 1993, and in Utrecht, The

Netherlands, in 1996. The Executive Committee for the 3rd World Congress put

this Declaration before participants In the Congress, in Bologna, Italy, on 31

August 1999, in a year which marked the fortieth anniversary of the publication

of The Principles of Humane Experimental Technique. The Declaration is based

on the conclusions and recommendations of The Three Rs: The Way Forward, a

workshop held in Sheringham, UK, on 30 May to 3 June 1995, under the

auspices of the European Center for the Validation of Alternative Methods

(ECVAM) and the Johns Hopkins Center for Alternatives to Animal Testing

(CAAT).

 

CONCLUSIONS AND RECOMMENDATIONS

 

Legal Controls, and Scientific and Ethical Justification

1. All countries should have a legal framework which actively incorporates the

Three Rs into all animal-based research, testing and education.

2. There should be formal and informal mechanisms for the education and

training of all scientists and officials involved in any way in animal

experimentation, to ensure compliance with the spirit and letter of laboratory

animal protection legislation, guidelines and regulations.

3. Any proposed experiments should be subjected to prior and effective expert

and independent review, for both scientific and animal welfare consideration.

4. It should be recognized that the assessment and weighing of the likely benefit

and likely animal suffering involved in a proposed program of work are

essential parts of the review process whereby permission for the work to

proceed is/is not granted.

5. There should be international agreement on levels of animal suffering which

should not be permitted in any circumstances, regardless of any potential or

likely benefits.

6. It should be regarded as unacceptable for scientific work involving laboratory

animals to be exported to other countries, as a means of avoiding

scientifically realistic, but more stringent, controls on laboratory animal

studies.

 

Reduction Alternatives

7. The term reduction alternatives describes methods for obtaining comparable

levels of information from the use of fewer animals in scientific procedures, or

for obtaining more information from the same number of animals.

8. In cases where a choice between species is possible, there is generally no

scientific justification for using more of the smaller species than of the larger

one.

9. The design of regulatory testing procedures, including the sample sizes

required, should be reviewed regularly, as part of a continuous international

harmonization process.

10 . All research workers should have adequate training in experimental design

and in the proper use of statistical methods.

Refinement Alternatives

11. Refinement alternatives encompass those methods which alleviate or

minimize potential pain and distress, and which enhance animal well-being.

Pain results from potential or actual tissue damage, such as that caused by

injury, surgery or disease, and can lead to distress. Distress is an aversive

state, in which an animal is unable to adapt completely to stressors and the

resulting stress. Suffering is a generic term for "undergoing, experiencing or

being subject to pain, distress and/ or lasting harm"

12. There should be internationally agreed guidelines for the categorization of

animal pain, distress and other adverse effects, including agreement on

physiological and behavioral signs for the recognition of adverse effects and

for their measurement.

13. Individuals and institutions should be responsible to their national

authorities for prospective and retrospective assessments of the nature and

levels of adverse effects likely to be experienced and actually experienced by

the animals used in each program of work.

14. Research on refinement and animal welfare should be encouraged and

funded, including studies on the effects on the quality of data produced of

procedures aimed at minimizing pain and distress.

 

Replacement Alternatives

15. Replacement alternatives are methods which permit a given purpose to be

achieved without conducting experiments or other scientific procedures on

animals.

16. The range of replacement alternative approaches includes the following:

a. The improved storage, exchange and use of information from animal

experiments already carried out, so that unnecessary repetition can be

avoided.

b. The use of physical and chemical techniques, and of prediction based on

the physical and chemical properties of molecules.

c. The use of mathematical and computer modeling, including modeling of

structure-activity relationships, molecular modeling and the use of

computer graphics, and modeling of biochemical, pharmacological,

physiological, toxicological and behavioral processes.

d. The use of "lower" organisms with limited sentience (e.g. invertebrate

animals, plants and microorganisms.

e. The use of early developmental stages of vertebrates, before they reach the

point at which their use for experimental and other scientific purposes is

controlled.

f. The use of in vitro methods, including the short-term maintenance of

perfused organs, tissue slices and cell suspensions, and cell and tissue

culture proper. For most in vitro studies, human cells and tissues should

be used in preference to those isolated from laboratory animals, provided

that the unavoidable ethical, legal and safety considerations have been

fully satisfied.

g. Human studies, including epidemiology, post-marketing surveillance, and

the ethically approved us of human volunteers.

17. In the case of regulatory efficacy, safety and toxicity testing, research

specifically aimed at providing validated replacement alternative procedures

should be encouraged and funded.

18. Ideally, the development of replacement alternative methods should be based

on a sufficient understanding of the molecular and cellular mechanistic basis

of the phenomenon being measured or studied.

19. Since it is likely that, in many circumstances, an animal test could not be

replaced by a single replacement alternative method, the development,

evaluation and optimization of stepwise testing strategies and integrated

testing schemes should be encouraged.

20. The acceptance and use of a satisfactorily validated replacement alternative

method, and the cessation of use of the equivalent animal procedure, should

not be seen as options, but as requirements.

 

Education and Training

21. A clear distinction should be made between education, which aims to

contribute to the development of proper attitudes toward the use of animals

and alternatives, and the training, which aims to contribute to the proper

care and use of animals and to ensuring that experiments are of the highest

quality.

22. The responsible authorities should require all those with any practical

involvement in laboratory animal work to take accredited courses, with

emphasis on the Three Rs and the legal obligation to use replacement

alternative methods wherever possible.

23. School, college and undergraduate university students should not be forced to

conduct regulated procedures, but should be provided with alternative

options.

 

CONCLUDlNG STATEMENT

 

The participants in the 3rd World Congress on Alternatives and Animal Use

in the Life Sciences endorse the principles put forward by Russell and Burch in

1959 (1), and reaffirm that only humane science is good science, which is best

achieved by vigorous promotion and application of the Three Rs (reduction,

refinement and replacement alternatives).

The only acceptable animal experiment is one which has been approved by an

ethical review committee, uses the smallest possible number of animals, and

causes the least possible suffering which is consistent with the achievement of

its scientific purpose.

The Three Rs should be seen as a unifying concept, and as a challenge and an

opportunity for reaping benefits of every kind ? scientific, economic and

humanitarian.

 

References

1. Russel. ,W.M.S. & Burch, R.L. (1959). The Principle of Humane Experimental

Technique. 238pp London:Methuenl.

2. Smyth, D.(1978) . Alternatives to Animal Experiments. 218pp. London :

Scolar Press.

3. Council of Europe. (1986). European Convention for the Protection of

Vertebrate Animals Used for Experimental and Other Scientific Purposes.

51pp. Strasbourg: Council of Europe.

4. EEC. (1986). Council Directive of 24 November 1986 on the approximation of

laws, regulations and administrative provisions of the Member States

regarding the protection of animals used for experimental and other scientific

purposes. Official Journal of the European Communities L358, 1-29.

5. US Congress. (1986. Alternatives to Animal Use in Reserch, Testing and

Eductin. 441pp. Washington , DC:US Congress Office of Technology

Assessment.

6. Howard-Jones, (1985). A CIOMS ethical code for animal experimentation.

WHO Chronicle 39 (2), 51-56. code

7. Balls, M., Goldberg, A.M., Fentem, J.H., Broadhead, C.L.,

Burch,R.L.,Festing,M.F.W., Frazier, J.M., Hendriksen, C.F.M., Jennings, M.,

van der Kamp, M.D.O., Morton,D.B., Rowan, A.N., Russell, C., Russell,

W.M.S., Spielmann,H., Stephens,M.L.,Stokes,W.S.,H. Straughan, D.W., Yager,

J.D., Zurlo, J. & van Zutphen, B.F.M.(1955). The Three Rs: the way forward.

ATLA 23, 838-866.

 

  ボロニア宣言                     

       (翻訳 大野泰雄)

 

動物実験の削減、純化、及び置き換え代替法および実験動物法

 

第三回生命科学における代替法と動物使用に関する世界会議において採択(1999, 8,31

イタリア、ボロニア)

 

 Russell and Burchの「三つのR」、即ち削減(Reduction)、純化(Refinement)、およ

び置き換え(Replacement)の源は1954年に開始された動物福祉のための大学連合

(University Federation of Animal Welfare: UFAW)の活動にある。これが1959年に

W.M.S.Russell and R.L. Burch (1)による「人道的な実験技術の原則(The Principles of

Humane Experimental Technique)」の公刊につながっている。1978年にDavid Smyth

が代替法を三つのRとして定義して使用した(2)。

 

 著書の中で、Russell と Burchは「科学における最も偉大な業績は常に最も人道的

であり、かつ最も美的に引きつけるものであり、最も成功した時には科学の枢要である

美しさと優雅さを感じさせるものである。」と述べている。彼らは以下のように定義し

ている。

 代替法における削減(Reduction Alternatives)とは科学的手法においてより少ない動

物から同等の情報を得るための方法、あるいは同じ数の動物からより多くの情報を得る

ための方法である。

 代替法における純化(Refinement Alternatives)とは痛みや苦痛、及び不快感を弱

めたり、最少限にし、動物の福祉を向上させるものである。

 代替法における置き換え(Replacement Alternatives)とは動物を用いた実験や他の科

学的な手段を用いずに当初の目的を達成するものである。

 

1. Russell, W.M.S. & Burch, R.L. (1959). The Principles of Humane Experimental

Technique. 238pp. London: Methuen.

2. Smyth, D. (1978) Alternatives to Animal Experiments. 218pp. London: Scolar

Press.

 

 第三回生命科学における代替法と動物使用に関する世界会議の参加者は1959年に

Russell & Burchにより提起された原則を承認するとともに再確認するものである。人

道的な科学とは善なる科学のための前提であり、かつ実験動物手法に関しては、三つの

Rを強力に推進し、適用することにより達成されるものである。

 三つのRは、全ての種類の科学、経済及び人道主義的な便益を得るに際しての統一

概念として、挑戦目標として、また、それらを得る機会として役立てるべきである。

 

三つのRについてのボロニア宣言の背景

 

動物実験の削減、純化、及び置き換えについての結論と勧告

 

第三回生命科学における代替法と動物使用に関する世界会議において採択

(1999, 8,31イタリア、ボロニア)

 

 

 実験動物を用いた手法は過去において生物・医学研究、また、様々な種類の化学物質

や製品の安全性や有効性評価に大きな貢献をしてきた。脊椎動物を用いたこのような試

験の内のあるものは予測しうる未来において、人類や他の動物の利益のために、引き続

き必要であろう。

 

三つのRの起源

 現在、Russell and Burchの「三つのR」、即ち削減(Reduction)、純化(Refinement)、

および置き換え(Replacement)の源は1954年に開始された動物福祉のための大学連合

(University Federation of Animal Welfare: UFAW)の活動にある。これが1959年に

W.M.S. Russell and R.L. Burch (1)による「人道的な実験技術の原則(The Principles of

Humane Experimental Technique)」の出版につながっている。

 

 RussellとBurchは、代替法における削減(Reduction)とは「特定の量および精度の

情報を得るのに必要な動物数」を減らすための手段であり、純化(Refinement)とは

「動物使用が避けられないときにその使用方法について非人道的な操作を減らしたり、

その残酷さを減らす」ことに役立つ全ての進歩であり、置き換え(Replacement)とは「動

物実験の歴史において行われてきた、意識を有する生きた脊椎動物を用いる方法を感覚

のない材料を用いる科学的な方法に置き換える全ての方法」、と定義した。彼らは主な

メーセージを以下のように要約した。

 

もし、我々が行うべき実験を選択する基準を持とうとするならば、多分、人間性という

基準が我々が作成することのできる最良のものである。

 

科学における最も偉大な業績は常に最も人道的であり、かつ最も美的に引きつけるもの

であり、最も成功した時には科学の枢要である美しさと優雅さを感じさせるものである。

 

三つのRの受け入れ

 1960年代の間は三つのRの概念は比較的わずかしか注目されなかった。しかし、1970

年代には多くの有意義な発展が認められた。その内には研究防御学会(Research Defence

Society)のためにDavid Smyth教授が行った動物実験代替法についての調査結果の出

版がある。この中で彼は代替法における三つのRについて定義した(2)。

 動物実験への需要に置き換えることができる全ての方法、必要な動物数を削減できる

全ての方法、ヒトや他の動物の必須の必要性をかなえるために動物が被る苦痛や不快感

を減らす全ての方法。

 1980年代には三つのRについての多くの国内及び国際的な法律や協定が特にヨーロ

ッパにおいて導入された。それらのうち主なものには以下のものがある。Council of

Europe Convention for the Protection of Vertebrate Animals Used for Experimental

and Other Scientific Purposes (3), Council Directive 86/609/EEC of 24 November

1986 on the Approximation of Laws, Regulations and Administrative Provisions of

the Member State Regarding the Protection of Animals Used for Experimental and

Other Scientific Purposes (4).

 1986年には米国議会の技術評価室(US Congress Office of Technology Assessment)

が研究、試験及び教育における動物使用の代替法についての報告(3)を作成した。この

中では代替法における三つのRの概念について幅広く概観され、その潜在的な価値に

ついて詳細な証拠が提供された。一方、1985年には医科学国際機構会議(Councilof

International Organization in the Medical Sciences:CIOMS)が一連の動物使用を伴

う生物医学研究の手引きとなる国際的な原則を公刊した。

 

現在の三つのRの概念

 1980年代の終わりまでには、新しい法律やガイドラインが世界のいくつかの地域に

おいて設定された。これらは単にRussell and Burchの概念を認めただけではなく、

法的及び道徳的な義務として、すべての関係者に実験動物を用いる手法を可能な限り削

減、純化、及び/或いは置き換えることを課する物である。

 1990年代の終わりまでに多くが達成された。しかし、引き続き当面の間、三つのR

が普遍的に実施されるようにすることが実験動物を使用する研究、試験、及び教育に、

どんな形であるにせよ、関与するすべての者が直面すべき主たる課題であり続けるであ

ろう。

 第一回生命科学における代替法と動物使用についての世界会議(World Congress on

Alternatives and Animal Use in the Life Sciences)は1993年に米国のボルチモアで、

次いで、第二回は1996年にオランダのユトレヒトで開催された。イタリアのボローニ

アで開催された第三回の国際会議の実行委員会は、The Priciples of Humane

Experimental Techniqueが刊行されてから40周年にあたる記念すべき年である1999

年8月31日に会議参加者の前にこの宣言を提示した。この宣言はヨーロッパ代替法バ

リデーションセンター (European Center for the Validation of Alternative

Methods :ECVAM)とジョンズホプキンズ大学の動物実験代替法センター(Center for

Alternatives to Animal Testing : CAAT)の主催で1995年5月30日から6月3日ま

でイギリスのSheringhamで開催されたワークショップ「The Three Rs: The Way

Forward」の結論と勧告に基づくものである。

 

結論と勧告

 

法的な規制と科学的及び倫理的正当性

 

1.全ての国が全ての研究・試験・教育に3Rの原則を積極的に組み入れるための法的

な枠組みを作るべきである。

2.実験動物の保護に関する法律、ガイドライン及び規制の精神と条文の遵守を確保す

るために、どのような形であれ動物実験に関わるすべての科学者や行政官の全てに

教育や訓練を行う公式あるいは非公式の機構が無くてはならない。

3.全ての動物実験はその科学的および動物福祉の両面について、事前に整備された専

門家により独立した審査を受けなくてはならない。

4.審査委員会がその試験の遂行を承認するか否かを決めるための審査においては、提

案された試験計画の結果得られる利益とそれに伴うことが想定される動物の苦痛の

両方を評価し、計ることが重要な部分を占めていることを認識すべきである。

5.どのような利益が得られることが想定されされたとしても許されるべきでない動物

の苦痛のレベルについての国際的な合意があるべきである。

6.科学的に現実的なしかしより厳しい実験動物に対する規制を避けるために動物実験

を他の国に依頼することを受け入れるべきではない、とされるべきである。

 

削減代替法(Reduction Alternatives)

7.削減代替法という用語は科学的試験法においてより少ない動物で同等レベルの情報

を得る方法、あるいは同じ数の動物でより多くの情報を得るための方法を意味して

いる。

8.種の選択が可能な場合においては、大きな動物よりも多くの小さな動物種を用いる

ことを科学的に正当化するものはない。

9.行政的目的で実施される試験法のデザインは要求されるサンプルの大きさも含め、

継続的な国際的なハーモナイゼーション過程の一部として定期的に見直されるべき

である。

10.すべての研究者は実験デザインと統計的方法の正しい使用のための訓練を十分に

受けるべきである。

 

純化代替法(Refinement Alternatives)

11.純化代替法とは想定される痛みや苦痛を消失させたり、最小にするとともに動物

の福祉を向上させる方法である。痛みは障害や手術、また、疾患・ノより実際に起こ

された、あるいは起こされたと思われる組織障害の結果として現れるものであり、

苦悶(distress)につながり得るものである。苦悶とは動物がストレス誘発原因に完

全には適応できず、結果としてもたらされるストレスに適応できない状況である。

苦しみ(Suffering)とは被り、経験している、または受けている痛みや苦痛、および

/あるいは持続的な危害を指す一般的な用語である。

12.動物の痛みや苦痛、および他の有害作用の分類についての国際的に合意されたガ

イドラインが存在すべきである。これには有害作用を認識やその測定のための生理

学的・行動学的な徴候についての合意を含むものでなくてはならない。

13.個人や機関は、個々の試験計画において使用される動物が実際に経験する、ある

いは経験すると思われる有害作用の性質とそのレベルをそれぞれの国家当局が予見

的におよび回顧的に評価することについて責任を持たなくてはならない。

14.純化と動物福祉についての研究は奨励されなくてはならない。また、資金を与え

られなくてはならない。この研究には痛みや苦痛を最小にすることを目的とする手

法の作成されるデータの質への影響に関する研究も含まれる。

 

置き換え代替法(Replacement Alternatives)

15.置き換え代替法とは特定の目的を動物を用いて行う実験や他の科学的な手法を用

いずに達成するための方法である。

16.置き換え代替法の範疇には以下のものが含まれる。

a. 既に行われた動物実験情報の保管、交換、及び使用の改善。このことにより不

必要な試験の繰り返しが避けられる。

b. 物理的・化学的手法の利用、及び分子の物理的及び化学的性質に基づく予測法

の利用。

c. 数学的及びコンピューターモデルの利用。これには構造活性相関モデル、分子

モデルおよびコンピューターグラフィクスの利用、また、生化学的、薬理学的、

生理学的、毒性学的及び行動学的過程のモデルの利用を含む。

d. 知覚機能の乏しい、より低級動物の使用(例、無脊椎動物、植物、微生物)。

e. 脊椎動物発生の初期段階、即ち、実験や他の科学的目的のためへの使用が制限

される時点に達する前の段階での使用。

f. 短時間維持が可能な潅流臓器、組織スライス、及び細胞懸濁液、適正な細胞や

組織培養を含むin vitro試験法の利用。多くのin vitro試験においては特に倫理

的、法的、及び安全生の問題が満足されているならば、実験動物から分離したも

のよりもヒト由来の細胞や組織を優先して使用すべきである。

g. ヒト試験。これには疫学や市販後調査、及び倫理的に承認された志願者の使用

が含まれる。

17.行政的な有効性、安全性、及び毒性試験の場合においては、妥当性の確認された

置き換え代替法を提供することを特に目指した研究を奨励すべきであるし、また、

それに資金提供を行うべきである。

18.理想的には置き換え代替法の発展は測定あるいは研究する現象の基礎となってい

る分子及び細胞機構についての十分な理解に基づくべきである。

19.多くの状況に置いて、動物を用いた試験は単一の置き換え代替法により置き換え

ることはできないと思われることから、段階的な試験戦略や複数の試験を統合した

試験スキームの開発やその評価及び最適化についての研究も奨励されるべきである。

20.妥当性について満足すべき結果の得られた置き換え代替法の受け入れと使用、及

び同等の動物試験法の使用停止は選択肢としてではなく、要求項目とすべきである。

 

教育・訓練

21.動物や代替法の使用についての正しい姿勢をもたらすことに寄与することを目的

とする教育と、正しい動物の世話や使用への寄与や質の高い実験を確保するための

訓練を明確に区別すべきである。

22.行政当局はどのような形であれ、実験動物使用を伴う作業に従事するものが認可

されたコースを受けるように要求すべきである。このコースは三つのRと置き換

え代替法を可能な限り使用するという法的な義務を強調されているものである。

23.学校や大学、大学院の学生は定められた過程を実行するように強制されてはなら

ず、選択肢としての代替法を提供されるべきである。

 

結  論

 

 第三回生命科学における代替法と動物使用に関する世界会議の参加者はRussellと

Burch (1)が1959年に提案した原則を支持し、人道的な科学のみが良い科学であり、

良い科学は三つのRを厳格に促進し適用することにより最も良く達成されるものであ

ることを再確認した。

 唯一許容される動物実験は倫理委員会により認められたものであり、科学的目的の達

成に矛盾しない限り、動物使用数を可能な限り削減し、起こりうる苦痛を最小にしたも

のである。

 三つのRは統一的な概念として見なされるべきであり、すべての種類の科学的、経

済的及び人道的な利益を得るための挑戦であり、機会であると見なされるべきである。

 

引用文献

 

1. Russell, W.M.S. & Burch, R.L. (1959). The Principle of Humane Experimental

Technique. 238pp. London: Methuen.

2. Smyth, D. (1978). Alternatives to Animal Experiments. 218pp. London: Scolar

Press.

3. Council of Europe. (1986). European Convention for the Protection of Vertebrate

Animals Used for Experimental and Other Scientific Purposes.51pp. Strasboug:

Council of Europe.

4. EEC. (1986) Council Directive of 24 November 1986 on the approximation of laws,

regulations and administrative provisions of the Memver States regarding the

protection of animals used for experimental and other scientific purposes. Official

Journal of the European Communities L358, 1-29.

5. US Congress. (1986) Alternatives to Animal Use in Research, Testing and

Education. 441Pp. Washington, DC: US Congress Office of Technology

Assessment.

6. Howard-Jones, N. (1985). A CIOMS ethical code for animal experimentation.

WHO Chronicle 39 (2), 51-56.

7. Balls, M., Goldberg, A.M., Fentem, J.H., Broadhead, C.L., Burch, R.L., Festing,

M.F.W., Farzier, J.M., Hendriksen, C.F.M., Jennings, M., van der Kamp, M.D.O.,

Morton, D.B., Rowan, A.N., Russell, C., Russell, W.M.S., Spielmann, H., Stephens,

M.L., Stokes, W.S., Straughan, D.W., Yager, J.D., Zurlo, J. & van Zutphen, B.F.M.

(1995). The Three Rs: the way forward. ATLA 23, 838-866.

 

 

 マスコミ情報記                     

                         広報委員会 小島 肇夫

 

 去る平成11年11月27日(土)18時より、NHKラジオ夕刊「興味しんしん`99」とい

うコーナーの中で、"実験動物を救え!〜動物実験代替法の現在〜"というタイトルの

特集が放送されました。

 まず、昨年11月、東京で開催された日本動物実験代替法学会第13回大会の取材内

容として、研究者、一般市民と動物保護団体を加えたフォーラムについて紹介がなされ

ました。その中から、教育現場における報告として、動物実験を実習に用いないで獣医

になろうという中野真樹子さん(麻布大学・獣医学部学生)の取り組みや、実習へのウ

サギやイヌの模型利用、欧州の動物実験教育用ビデオなどの紹介がなされました。

次に、欧米における強い動物愛護主義思想について、及びEUにおいて2000年6月頃

より、動物実験を用いて安全性試験を行った原料を含む化粧品の販売を規制する法律の

施行について説明がありました。

 日本における化粧品の安全性評価の現状としては、神奈川県にある化粧品メーカーの

研究員・研究所長がインタビューに答えていました。その中で、皮膚培養モデルを用い

た安全性試験について、及びヒト細胞を用いた代替法試験によるヒト安全性評価の可能

性について紹介がありました。また、厚生省の代替法への取り組みとして、国立医薬品

食品衛生研究所・大野泰雄先生から、代替法の受け入れ規準及び、代替法と動物実験の

組み合わせによる動物数の削減についてのインタビュー内容が放送されました。

 

放送を聞き終わり、ディレクターがよく勉強されているという印象を持ちました。国

際的な動向を踏まえ、動物愛護と代替法研究者、それぞれの立場を加味した客観的な内

容の放送であったと感じました。

 

 

 速報 新バリデーション計画進行中             

                               広報委員会作成

 

注射用剤のバリデーション実施について

 

 本試験の起源は、抗生物質の注射剤により筋障害が生じた事実を、動物実験や in vitro

試験法で証明しようとした 1970 〜 1980 年代に遡ります。提案された代替法は、ラ

ット胎児筋細胞又は L6 細胞を用い、クレアチンキナーゼの活性にて評価する方法で

あります。

 今後、本試験の代替法バリデーションの"社会的な必要性"を確認するため、企画委

員会にて調査を行うことになりました。具体的には、製薬企業、国内約 20 社の受託

機関にアンケートを送り、試験の実施状況(最近の動物実験数・動物数・参加する機関

数など)をまとめます。

 アンケートが送付された機関はできる限りのご協力をお願いします。

 

以上

 

 

日本動物実験代替法学会事務局:

東京都文京区本郷7-2-4 浅井ビル501号室 学会事務局

  TEL:03-3811-3666, FAX:03-3811-0676                  

学会ホ−ムペ−ジ:

http://hayato.med.osaka-u.ac.jp/index/societies-j/alt.html

 

発   行 :  日本動物実験代替法学会

        会長: 大野 忠夫

編集委員長 :       小野  宏

   ニュ−スレタ−担当:   金子豊蔵

     158-8501東京都世田谷区上用賀1-18-1

        国立医薬品食品衛生研究所毒性部内

        TEL:03-3700-9673, FAX:03-3700-2348

E-mail:kaneko@nihs.go.jp