ボロニア宣言 学会の規則 学会役員

学会の活動目的
会長挨拶
学会の意見など
入会案内
会員登録情報変更
大会案内
過去のお知らせ
ニュースレター
過去の議事録
学会誌;AATEX
代替法Q&A
助成金報告
各種授賞
賛助会員
リンク
学会事務局からの
  お知らせ



第3回動物実験代替法チャレンジコンテスト
応募締切が10月16日まで延長されました。
主催 : 日本動物実験代替法学会
後援 : 大阪府吹田市教育委員会
日時 : 2009年11月15日 13:30〜15:00
開催場所 :  大阪大学吹田キャンパス 銀杏会館(医学部研究棟北側)
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-1
アクセス: 阪急電車千里線 北千里駅(終点)下車 東へ徒歩 約30分
大阪モノレール 阪大病院前駅下車 徒歩約5〜15分 (お勧め)
阪急バス  ・千里中央発「阪大本部前行」、「茨木美穂ヶ丘行」 ・北千里発「阪大病院線」
*千里中央発、北千里経由もあります。
近鉄バス  ・阪急茨木市駅発「阪大本部前行」(JR茨木駅経由)
*バスはいずれも、阪大医学部前または阪大本部前下車 徒歩約5〜15分
会費 :  無料
定員 : 100名
問い合わせ : 石塚典子(日本動物実験代替法学会企画委員)
ishizuka-no@kiryu-u.ac.jp

内容
 全国の小中高生から動物実験の代替法に関する自由な発想によるツール、試験方法、解析法、アイデア等を募集し、展示いたします。また、募集作品の中から厳正なる審査を行い、優秀賞を選出いたします。優秀賞受賞者には口頭で発表していただきます。過去の優秀賞受賞者からもその後の生活変化などについてお話いただく予定です。
*チャレンジコンテスト終了後市民講座(動物の命の大切さ、仮テーマ)が開催されます。合わせてご参加ください

全国の小中高生のみなさんへ:
 病気の治療や、薬やサプリメントなどの効能・安全性を確かめるために、動物実験が行われていることを知っていますか?

 「動物がかわいそう」「動物実験なんてやらないで!」と訴える人たちはもちろんですが、実は、動物実験を行っている研究者たちもいつか動物実験がなくなることを願っています。

 少しでも動物たちの苦痛が和らぐように、少しでも実験に使われる動物の数が減らせるように、そして、出来ることならば動物を使わなくてすむように…このような考え方から動物実験に代わる新たな実験方法(動物実験代替法といいます)を日々考えています。

 そこで、全国の小中高生のみなさんから動物実験代替法に関する自由な発想によるツール、試験方法、解析法、アイデアを募集いたします。

若いみなさんの柔軟な思考で、新しい動物実験代替法を考えてみませんか。

実際にできるかどうかわからなくてもかまいません。

具体的なアイデアやどこかで体験した動物実験の代替実験など、どんなことでもかまいませんので、是非お聞かせください。皆さんの動物実験代替法に対する考え方で動物実験の未来が変わるかもしれません。

たくさんのご応募お待ちしております!

→発表申込はこちらへ
*コンテスト聴講のみの場合、参加申込は不要です。また、同時開催されております日本動物実験代替法学会学術総会に参加申し込みする必要もありません。

よくある質問
. 「学会」というと、難しい話ばかりで理解できなさそうに思うのですが? 
A. チャレンジコンテストでは通常の学会とは異なり小中高生を対象に開催されます。専門知識のない方にも分かりやすい様にお話しますのでご安心ください。

Q. 動物実験に対して賛成意見と反対意見があることを聞いているのですが?
A. そのとおりです。しかし動物実験に賛成する人は動物実験を必要な手段と考えているのであって、むやみやたらに動物実験をしたいわけではありません。チャレンジコンテストは動物実験の賛否を議論するのではなく、代替法のアイデアを出し合う場にしたいと考えています。

Q. 私は動物実験に対して自分なりの意見を持っているのですが、反論されそうで躊躇しています。
A. 当学会ではお互いの意見を尊重することが大切と考えています。仮に、他人の意見を誹謗中傷したり、会場の雰囲気にそぐわない態度をとる方がいた場合、主催者側から警告し場合によってはご退場いただきますので、安心して意見を発表してください。

Q. 個人的に学会の先生方とお話してみたいのですが、個別に話せる時間はあるのでしょうか?
A. 前もってご連絡をいただければ、その旨を各先生方にお伝えします。



ホーム お問合せ 日本動物実験代替法学会 日本語 English