ボロニア宣言 学会の規則 学会役員

学会の活動目的
会長挨拶
学会の意見など
入会案内
会員登録情報変更
大会案内
過去のお知らせ
ニュースレター
過去の議事録
学会誌;AATEX
代替法Q&A
代替法トピック
助成金報告
各種授賞
賛助会員
リンク
学会事務局からの
  お知らせ


「日本実験動物科学技術 さっぽろ2014」における
共催シンポジウム開催のお知らせ

  平成26年5月15日(木)~17日(金)において、第61回日本実験動物学会総会と第48回日本実験動物技術者協会総会との合同大会として「日本実験動物科学技術 さっぽろ2014」が、札幌コンベンションセンターにおいて開催されます。この大会において、5月17日(土)9:00~11:40に本学会と日本実験動物学会の共催で次のシンポジウムが行われますのでご案内申し上げます。多くの方々のご出席をお待ち申し上げます。

  日時
  5月17日(土)9:00~11:40
  大会HP
  日本実験動物科学技術 さっぽろ2014
  場所
  札幌コンベンションセンター
  シンポジウムIII
  2014年 5月17日(土) 9:00-11:40
テーマ 「化粧品及び製薬開発における動物実験の世界的動向」(日本動物実験代替法学会と共催)
座長 猪股 智夫(麻布大学獣医学部実験動物学研究室)、 黒澤 努(元大阪大学医学部)

1 EUにおける化粧品開発の現状と今後の動勢
 小島 肇(国立医薬品食品衛生研究所安全性生物試験研究センター薬理部 新規試験法評価室)
2 光安全性評価のためのROSアッセイバリデーション研究
 細井 一弘(参天製薬株式会社 眼科研究開発センター 安全性動態グループ)
3 LLNA:DA法の開発と最近の進捗
 山下 邦彦(株式会社ダイセル 研究統括部コーポレート研究所)
4 OECDの眼刺激性試験(ドレイズ)
 黒澤 努(元大阪大学医学部)
5 Global Movement of Animal Use in the Development of Pharmaceuticals and Cosmetics
 Linda A. Toth (Southern Illinois University School of Medicine)
 
ページトップへ▲
 
ホーム お問合せ 日本動物実験代替法学会 日本語 English