ボロニア宣言 学会の規則 学会役員

学会の活動目的
会長挨拶
学会の意見など
入会案内
会員登録情報変更
大会案内
過去のお知らせ
ニュースレター
過去の議事録
学会誌;AATEX
代替法Q&A
助成金報告
各種授賞
賛助会員
リンク
学会事務局からの
  お知らせ



OECD 405眼刺激性試験の改訂ガイドラインが公表されました

OECDは化学物質の安全性試験法のガイドラインを公表しておりますが、2012年10月2日付で405その他のガイドライン改訂版を公表しました。この試験法はドレーズ法ともいわれ、ウサギの眼に被験物質を投与し、その際の眼及びその周辺の組織への影響を調べ、被験物質の安全性を評価するというものです。この試験法は動物実験反対運動の中心的シンボルとなり、一般市民を巻き込んだ動物実験反対運動に発展していった歴史があります。OECDは動物実験反対運動団体(ICAPO)の代表を改訂審議に受け入れ協議してきました。動物実験代替法開発においてもこの試験法の代替法が急がれ次々と新しい試験法が開発されております。今回示された改訂ガイドラインでは種々の代替法を用いても明確ではないものなどに関しては局所麻酔、鎮痛などを行ってin vivoの試験をする方法が記載されています。
改訂ガイドラインは
http://www.oecd-ilibrary.org/environment/oecd-guidelines-for-the-testing-of-chemicals-section-4-health-effects_20745788
にリストされております。また同日付で443、455、457、460のガイドラインが公表されております。




ホーム お問合せ 日本動物実験代替法学会 日本語 English