(名称)
第1条 本会は日本医療教授システム学会(Japan Society for Instructional Systems in Healthcare, JSISH) と称する。
(事務局)
第2条 本会の事務局は東京都文京区大塚5-3-13 学会支援機構に置く。
(目的と事業)
第3条 目的
1. 国民のすべてが標準的で良質なヘルスケアを享受できる社会的基盤の構築
2. 医療者の質を保障する研修・訓練システムの構築と普及
3. 国民と医療者がともに築く新しい医療文化の構築
4. 傷病や災害に対する市民の相互援助能力の向上
5. 世界の平時・災害医療に貢献できる医療者養成
6. サイエンスに基づいた医療の質向上への貢献
第4条 本会は前条の目的を達成するために次の事業を行う。
1. 研修・訓練コースの開発、普及と改善に関する事業
2. シミュレーションセンターの支援・設置に関する事業
3. グローバルに活躍できる医療者養成に関する事業
4. 研修・訓練システムを支援するデータベース、e-Learning、Learning Management Systemと医療に関する情報提供システム構築事業
5. 多施設共同研究の計画・実施・管理およびエビデンス生産に関する事業
6. 年次総会、セミナー・フォーラム等の開催
7. 機関誌、図書、研究資料の刊行、ホームページの設置
8. 国内ならびに国外の関係団体との協力活動
9. 将来の医療を担う人材の早期養成に関する事業
10. 地域医療の再生に貢献する事業
11. その他、本会の目的を達成するために必要な事業
(会員)
第5条 本会の会員は次の通りとする。
1. 個人会員(本会の目的に賛同し、個人で所定の入会手続きを行なったもの)
2. 機関会員(医療機関、医療系教育機関など所定の入会手続きを行なったもの)
3. 賛助会員(本会の目的に賛同し、事業を賛助する上記以外の個人、任意団体または法人・組織の代表者で所定の入会手続きを行なったもの)
4. 学生会員(学生で所定の入会手続きを行なったもの)
(役員)
第6条 本会の役員は代表理事1名、副代表理事2名、理事20名以内(常任理事1 2名程度)、事務局長1名、監事2名、顧問若干名とする。
第7条 本会の役員は次の職務を行う。
1. 代表理事は本会を代表し、会務を統括する。
2. 副代表理事は代表理事を補佐し、代表理事の職務執行に支障がある場合にはその責務を代行する。
3. 理事は理事会を組織し、本会の目的に沿って事業方針を審議決定する。
4. 常任理事は常任理事会を組織し、会務全般について審議・決定・執行する。
5. 事務局長は本会の事務を総括する。
6. 監事は会務および会計上の監査を行う。
(役員の選出)
第8条 本会の役員は次の規定により選出及び選任する。
1. 代表理事及び副代表理事は理事の中から推薦し、理事会にて承認を受ける。
2. 理事、常任理事、監事、顧問は理事会の議を経て代表理事が委嘱する。
3. 事務局長は理事会の議を経て、代表理事が委嘱する。
4. 監事以外の役員との兼任はこれを妨げない。
第9条 本会の役員の任期は次の通りとする。
1. 代表理事の任期は3年とし、再任を妨げない。
2. 理事、事務局長、監事の任期は3年とし、再任を妨げない。
3. 補充役員の任期は、前任者の後任期間とする。
(会議および委員会)
第10条 本会に理事会、常任理事会、ファカルティ会、委員会及びワーキンググループを置く。
第11条 理事会は次の各号にしたがって開催する。
1. 理事会は代表理事、副代表理事、理事、監事、事務局長で構成されるが、代表理事が必要と認めた者を出席させることができる。
2. 理事会は、毎年2回、及び必要に応じて代表理事が招集し、代表理事が議長となる。
第12条 常任理事会は次の各号に従って開催する。
1. 常任理事会は常任理事で構成されるが、代表理事が必要と認めた者を出席させることができる。
2. 常任理事会は、毎年4回、及び必要に応じて代表理事が招集し、代表理事が議長となる。
第13条 本会は、学会の目的と事業の効果的な遂行のために、その実践のリーダーシップを担うファカルティ会をおく。
第14条 事業の円滑な実施をはかるため、次の各号にしたがって委員会とワーキン ググループを設置する。
1. 委員会とワーキンググループの設置及び解散は、理事会の決議による。
2. 委員会の委員長及び委員は、代表理事が委嘱する。
3. 委員長及び委員の任期は3年とし、再任を妨げない。
4. 委員会の開催は委員長が必要に応じて代表理事の承認を受け招集する。
(議決権と決議方法)
第15条 各会議の構成員は各1個の議決権を有する。
第16条 各会議の決議は出席者数の過半数を持って決する。
(会計)
第17条 本会の会計年度は1月1日から同年12月31日までとする。ただし、2008年度の会計は、2008年2月1日に始まり2008年12月31日に終わる。
(細則)
第18条 本会則の施行についての細則は理事会の議を経て、別に定める。
(補則)
第19条 会則の改廃は理事会の決議を経なければならない。
制定 2008年3月17日
改定 2015年8月31日

■ファカルティについて
ファカルティ会運営細則 (PDF)

ファカルティ(評議員)審査申請書<様式-1> (WORD)

ファカルティ(評議員)審査申請書<様式-2> (WORD)

ファカルティ(評議員)審査申請書<様式-3> (WORD)

■委員会運営細則
委員会運営細則 (PDF)

■日本医療教授システム学会 学会誌、投稿規程について
このたび,日本医療教授システム学会において,学会誌「医療職の能力開発,Japan Journal of Health Professional Development - JJHPD」を発行する運びとなりました。
以下のリンク先より投稿規程(PDFファイル)をご覧の上、奮ってご投稿ください。

医療職の能力開発 投稿規程(2017年4月1日現在)(PDFファイル)

Copyright (c) Japan Society for Instruction Systems in Healthcare. All Rights Reserved.