「医療蘇生プロジェクト」

 プロジェクトの目的は医療崩壊の進行に歯止めをかけ、次世代の医療の仕組みを開発(Plan)・普及(Do)・評価(See)することにあります。
プロジェクトのコード名は「コードブルー」、テーマカラーは「ブルー」。「コードブルー」は院内で患者が急変した場合、一斉放送で医療者に「緊急事態発生」を伝えるコード(暗号)です。
 医療の現状は緊急事態で、直ちに蘇生を要します。一斉放送で駆けつけた医療者がチーム蘇生で患者を救命するように、いま危機感を共有する医療者が医療のチーム蘇生を行い、医療崩壊の進行に歯止めをかける必要があります。
「医療蘇生プロジェクト」の初年度(2008年度)は、医療のあり方、とくに良質で安全な医療者を養成するシステム構築と患者・家族・市民の医療参画を促進することをテーマに学会活動を行う予定です。

過去の事業・総会はこちら>>>

2017-2018年事業・総会のご案内

■CLO セミナー「看護管理者が育つ/育てるしくみ ― 発展する職場づくり―」

キーワードはクリティカル・リフレクションです。業務遂行能力と業務創造力を日々の経験の中から育成することを可能にします。
何を、どのようにリフレクションすることが看護管理者の育成を支援できるのかを体験的に学ぶ内容です。
日 時: 平成29年8月5日(土)13:30〜17:00
会 場: 越谷ラーニングスタジオ
講 師: 津嘉山みどり  浅香えみ子
対象/募集人数:看護管理者 25名
参加費: JSISH会員 3,000円 非会員:6,000円
詳しい情報とお申し込みの方法は以下のJSISHサイトをご覧ください。
http://jsish.jp/eduwp/?p=2880

■患者安全TeamSim

病棟など部署単位で看護師の患者安全技能を向上するシミュレーションです。3つの段階(入門編、中級編、応用編)を踏みながら、チームとしての患者安全能力を向上します。
日 時: 2017年7月1日(土曜日)午前9時から午後4時
会 場: 越谷ラーニングスタジオ
受講資格:看護教員あるいは看護師
詳しい情報とお申し込みの方法は以下のJSISHサイトをご覧ください。
http://jsish.jp/eduwp/?p=2771

■シミュレーション技法を使った看護技術・看護業務の教え方・学び方体験セミナー

看護技術・看護業務のシミュレーションを体験し、ワークブックのデザインの仕方、レッスンシートの使い方を理解します。
日 時: 2017年7月14日(金) 13:00〜17:00
場 所: 越谷ラーニングスタジオ
対 象: 看護教員・新人看護師研修指導者
詳しい情報とお申し込みの方法は以下のJSISHサイトをご覧ください。
http://jsish.jp/eduwp/?p=2822

■ARCS/ISDセミナー

より良い教育を提供する方法を、この夏本気で考えてみませんか?
本セミナーは、以下の一つでも当てはまる全ての教育活動に携わる医療関係者(教員、医師、看護師、救急救命士、薬剤師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士など)の方の問題解決に役立ちます。
・学習者の実力が身につく「授業」や「研修」をしたい。
・できるだけ短時間で無駄なく教育したい。
・学習者にとって成長が実感できる教育をしたい。
・自己流ではない、理論を活用した教育をしたい。
詳しい情報とお申し込みの方法は以下のJSISHサイトをご覧ください。
http://jsish.jp/eduwp/?p=2714

■GOLDメソッド寺子屋
(Goal-Oriented Learning Design method:ゴール達成型学習デザイン)

・GOLDメソッド概要を看護業務を例に説明します。
・受講者のニーズに合わせたGOLDメソッドを使った講義・研修のデザインの仕方について考えます。
・講義・研修の幹になるスクリプトを作成します。
日 時: 6月10日(土)13:00〜17:00
会 場: 防衛医科大学校8号館4階会議室3
埼玉県所沢市並木3−2
参加費: 5,000円(JSISH会員1,000円)
修了後、懇親会(会場より徒歩3分)を予定しております。自由参加です。
対象者: 看護教員、研修・教育を担当する看護師(定員6名)
*担当する(可能性のある)授業、研修テーマを持ってくる。
お申し込みはこちら。
https://pro.form-mailer.jp/fms/e0742caa78272

■ICLS指導者養成ワークショップ(JAAM認定)コース

日本救急医学会認定、ICLS指導者養成ワークショップを開催します。
詳しい情報とお申し込みの方法は以下のJSISHサイトをご覧ください。
http://jsish.jp/eduwp/?p=2388

■誰でもできる学びの支え方(国際標準指導者技能に準じて)
− 誰でも実践出来るibstpi インストラクター・コンピテンシー −

学習支援者: 松本尚浩 (笑顔のおうちクリニック 医師)
日 時: 2016年4月~ ご希望の日程をお知らせください。 4時間半程度
会 場: 笑顔のおうちクリニック松戸(松戸市栄町西3-1048-1
または、大手町の会場
受講料: JSISH会員12,000円、非会員24,000円
2回目ご参加の方、6,000円(JSISH会員の方に限ります)
詳しい情報とお申し込みの方法は以下のJSISHサイトをご覧ください。
http://jsish.jp/eduwp/?p=873

■医療ID勉強会

医療教授システム(教材を含む)のデザイン、開発、導入、運営、評価に関する理論、モ デルや実践事例の共有とディスカッション。
参加費: JSISH会員 3,000円、 非会員6,000円
定 員: 20名
応募多数の場合はJSISH会員を優先いたします。
詳しい情報とお申し込みの方法は以下のJSISHサイトをご覧ください。
http://jsish.jp/eduwp/?p=2064

■実践事例研究会

事例研究会では、卒前教育の実践や病院における研修の実践をオリエンテーションから論文投稿までのプロセスを支援することを目的としています。
ファシリテーター:池上敬一
アドバイザー&コメンテーター:鈴木克明
参加資格:この研究会に興味と関心がある方
参加費: 個別指導とディスカッションの参加費 8,000円(JSISH会員のみ)
事例発表 JSISH会員 2,000円、非会員5,000円 (発表者は無料)
場 所: 東京工業大学 田町キャンパスイノベーションセンター
詳しい情報とお申し込みの方法は以下のJSISHサイトをご覧ください。
http://jsish.jp/eduwp/?p=2045

■地域包括ケア事例検討会

地域包括ケア、こんな工夫・あんな工夫を共有しよう
地域包括ケアに関わる方々の工夫事例の発表から、その工夫の意義やデザインを共有して、地域包括ケアの改善を目指します。
詳しい情報とお申し込みの方法は以下のJSISHサイトをご覧ください。
http://jsish.jp/eduwp/?p=2695

過去の事業・総会はこちら>>>

Copyright (c) Japan Society for Instruction Systems in Healthcare. All Rights Reserved.