<<<事業・総会に戻る

過去の事業・総会

■GOLDメソッド寺子屋

Goal-Oriented Learning Design method:ゴール達成型学習デザイン
日 時: 10月21日(土)13:00~17:00 東京都国立(国立駅近く)
詳しい情報とお申し込みの方法は以下のJSISHサイトをご覧ください。
http://jsish.jp/eduwp/?page_id=384

■CLO セミナー「看護管理者が育つ/育てるしくみ ― 発展する職場づくり―」

キーワードはクリティカル・リフレクションです。業務遂行能力と業務創造力を日々の経験の中から育成することを可能にします。
何を、どのようにリフレクションすることが看護管理者の育成を支援できるのかを体験的に学ぶ内容です。
日 時: 平成29年8月5日(土)13:30〜17:00
会 場: 越谷ラーニングスタジオ
講 師: 津嘉山みどり  浅香えみ子
対象/募集人数:看護管理者 25名
参加費: JSISH会員 3,000円 非会員:6,000円
詳しい情報とお申し込みの方法は以下のJSISHサイトをご覧ください。
http://jsish.jp/eduwp/?p=2880

■患者安全TeamSim

病棟など部署単位で看護師の患者安全技能を向上するシミュレーションです。3つの段階(入門編、中級編、応用編)を踏みながら、チームとしての患者安全能力を向上します。
日 時: 2017年7月1日(土曜日)午前9時から午後4時
会 場: 越谷ラーニングスタジオ
受講資格:看護教員あるいは看護師
詳しい情報とお申し込みの方法は以下のJSISHサイトをご覧ください。
http://jsish.jp/eduwp/?p=2771

■シミュレーション技法を使った看護技術・看護業務の教え方・学び方体験セミナー

看護技術・看護業務のシミュレーションを体験し、ワークブックのデザインの仕方、レッスンシートの使い方を理解します。
日 時: 2017年7月14日(金) 13:00〜17:00
場 所: 越谷ラーニングスタジオ
対 象: 看護教員・新人看護師研修指導者
詳しい情報とお申し込みの方法は以下のJSISHサイトをご覧ください。
http://jsish.jp/eduwp/?p=2822

■ARCS/ISDセミナー

より良い教育を提供する方法を、この夏本気で考えてみませんか?
本セミナーは、以下の一つでも当てはまる全ての教育活動に携わる医療関係者(教員、医師、看護師、救急救命士、薬剤師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士など)の方の問題解決に役立ちます。
・学習者の実力が身につく「授業」や「研修」をしたい。
・できるだけ短時間で無駄なく教育したい。
・学習者にとって成長が実感できる教育をしたい。
・自己流ではない、理論を活用した教育をしたい。
詳しい情報とお申し込みの方法は以下のJSISHサイトをご覧ください。
http://jsish.jp/eduwp/?p=2714

■GOLDメソッド寺子屋
(Goal-Oriented Learning Design method:ゴール達成型学習デザイン)

・GOLDメソッド概要を看護業務を例に説明します。
・受講者のニーズに合わせたGOLDメソッドを使った講義・研修のデザインの仕方について考えます。
・講義・研修の幹になるスクリプトを作成します。
日 時: 6月10日(土)13:00〜17:00
会 場: 防衛医科大学校8号館4階会議室3
埼玉県所沢市並木3−2
参加費: 5,000円(JSISH会員1,000円)
修了後、懇親会(会場より徒歩3分)を予定しております。自由参加です。
対象者: 看護教員、研修・教育を担当する看護師(定員6名)
*担当する(可能性のある)授業、研修テーマを持ってくる。
お申し込みはこちら。
https://pro.form-mailer.jp/fms/e0742caa78272

■「できる」看護師に育つ/育てるシミュレーション看護学教育セミナー
看護学生がイキイキと能動的に取り組む授業・演習を計画する

次のような教員の皆さまをヘルプすることが目的です
・学生を動機付け自ら学習に取り組む授業や演習を計画したい。
・といって自分で最初から計画する時間はない。
・自分の授業や演習で使える教材キットはないだろうか?
日 時: 2016年10月28日(金曜日)14:00-17:00、29日(土曜日)9:00-17:00
場 所: 東京医科大学病院シミュレーションセンター
主 催: 日本医療教授システム学会
協 力: 東京医科大学病院シミュレーションセンター
詳しい情報とお申し込みの方法は以下のJSISHサイトをご覧ください。
http://jsish.jp/eduwp/?p=2366

■「できる」医療者に育つ/育てる学習デザインセミナー

目 的: 1. 優れた医療者実践をモデルにした医療者学習デザインへの習熟
2. GOLD法スクリプトに基づく医療者教育教材開発
3. GOLD法スクリプトに基づく医療者能力・医療組織パフォーマンス改善
日 時: 2016年12月3日(土曜日) 午前10時から午後5時
場 所: 東京・田町キャンパスイノベーションセンター 509
詳しい情報とお申し込みの方法は以下のJSISHサイトをご覧ください。
http://jsish.jp/eduwp/?p=2354

■第9回日本医療教授システム学会総会

テーマ: 「今、地域でつながろう!」
~ 多様化する学習者を活性化し成長を支援する教育デザインを検討する ~
日 時: 2017年3月2日〜3日
場 所: 広島大学
会 長: 岩本 由美(広島文化学園大学)
ホームページ
http://jsish.jp/mtg/

■ライゲルース先生(グリーンブックの編集者)のご講演のご案内

テーマ:
(予定)
インストラクショナル・デザインを応用した人材育成と組織成長の進め方(医療系組織を対象に) How to improve development of talents in an organization and to facilitate organizational growth in healthcare
英語が苦手な方もご心配いりません。 日本語のハンドアウトを配布いたします。また英語プレゼンテーションの要約を逐次ご説明いたします。
日 時: 2016年8月26日(金曜日) 午後3時〜午後5時(そのあと懇親会)
場 所: 田町キャンパスイノベーションセンター 5階 509
詳しい情報とお申し込みの方法は以下のJSISHサイトをご覧ください。
http://jsish.jp/eduwp/?page_id=384

■ARCS/ISDセミナー

【開催日時・対象者】
1日目
日 時 : 2016年8月6日(土) 受付10:30 11:00〜17:30(予定)
対象者 : 医療系大学、専門学校にて授業を行っている、またはこれから行う予定で、授業内容の改善を行いたい教員
2日目
日 時 : 2016年8月7日(日)受付 9:00 9:30〜16:00(予定)
対象者 : 医療系の施設や組織にて研修を行っている、またはこれから行う予定で、研修内容の改善を行いたい担当者
【会場】
東京工業大学 田町キャンパスイノベーションセンター509号室
詳しい情報とお申し込みの方法は以下のJSISHサイトをご覧ください。
http://jsish.jp/eduwp/?p=2175

■関西事例研究会

みんなで見直そう「教え方」 - IDワークショップ&事例検討会 -
場 所: ニプロiMEP(滋賀県草津市野路町3023番地)
参加費: JSISH会員3,000円、非会員5,000円
詳しい情報とお申し込みの方法は以下のPDFをご覧ください。
http://jsish.jp/eduwp/wp-content/uploads/
2016/03/27f174cfbe2ae898a2b020381f4bf521.pdf

■第8回 日本医療教授システム学会総会

日 時: 2016年3月3日(木)〜5日(土)
場 所: 東京医科大学病院 教育研究棟 3階・5階
〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-7-1
http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/access.html
会 長: 阿部 幸恵(東京医科大学病院シミュレーションセンター センター長・教授)
テーマ: 「専門職種間の施行と絆を学ぶ・教える」
〜多職種連携教育(IPE)の基盤をデザインする〜
ホームページ
http://jsish.hare.co.jp/jsish2016/

■看護教員を対象とした効果的・効率的・魅力的な授業設計セミナー

アクティブ・ラーニングを設計しよう!
看護教員による看護教員のための優しい授業設計教室です。
日 時: 2016年2月27日(土) 13:00〜17:00
場 所: 越谷ラーニングスタジオ(埼玉県越谷市南越谷3-9-7 1F)
詳しい情報とお申し込みの方法は以下のJSISHサイトをご覧ください。
http://jsish.jp/eduwp/?p=1991

■ISD事例研究会

概 要: 事例研究会では、卒前教育の実践や病院における研修の実践をインストラクショナル・システムズ・デザイン(ISD)の考え方と方法論により改善する試みをご紹介いたします。
参加費: JSISH会員2,000円、非会員5,000円
場 所: 東京工業大学 田町キャンパスイノベーションセンター509号室
日 程: 4月25日(土) 田町イノベーションセンター
6月13日(土) 沖縄
10月24日(土) 田町イノベーションセンター
12月19日(土) 田町イノベーションセンター
2月13日(土) 田町イノベーションセンター
詳しい情報とお申し込みの方法は以下のJSISHサイトをご覧ください。
http://jsish.jp/eduwp/?page_id=384

■インストラクショナル・デザインとテクノロジー勉強会(IDT勉強会)

概 要: 効果的・効率的・魅力的な学習環境をデザインするインストラクショナル・デザインと、組織のパフォーマンス向上を人材のレベルで達成するテクノロジー(ヒューマン・パフォーマンス・テクノロジー)を医療者教育(卒前)と臨床研修(卒後)の現場で応用するための勉強会です。理論・モデルだけでなく、実践事例や応用法についても紹介したいと考えています。
参加費: JSISH会員3,000円、非会員6,000円
日 程: 5月23日(土) 田町イノベーションセンター
7月4日(土) 慈恵医科大学西講堂
9月19日(土) 田町イノベーションセンター
11月14日(土) 田町イノベーションセンター
1月23日(土) 田町イノベーションセンター
詳しい情報とお申し込みの方法は以下のJSISHサイトをご覧ください。
http://jsish.jp/eduwp/?page_id=384

■第4回 医療教授システム国際シンポジウム

日 程: 2015年12月17日(木曜日)、18日(金曜日)
会 場: 12月17日 SimTikiシミュレーションセンター(ハワイ大学医学部)
12月18日 THSSC(ハワイ大学看護学部)
参加費: 会員65,000円 非会員 90,000円
※会員とは、日本医療教授システム学会あるいは日本シミュレーション医療教育学会の会員を指します。
※参加費に渡航費、宿泊、現地交通費、食費は含まれておりません。
ホームページ
http://jsish.jp/honolulu/

■卒前教育・卒後研修におけるシミュレーション学習デザインセミナー

概 要: インストラクション・デザインの初心者を対象に、エキスパートの現場実践能力を教材化するプロセスを一歩一歩学びます。
日 程: 2015年10月10日(土)9:00〜12:00(第一部)
                               13:00〜16:00(第二部)
場 所: 東京半蔵門 レールダルメディカルジャパン 会議室
受講料: 15,000円(JSISH会員)、30,000円(非会員)、定員18名
※ 第一部と第二部を両方受講する場合
受講料:25,000円(JSISH会員)、50,000円(非会員)
詳しい情報とお申し込みの方法は以下のJSISHサイトをご覧ください。
http://jsish.jp/eduwp/?p=1710

■ARCS/ISD セミナー

チーフファシリテーター:鈴木克明  熊本大大学大学院教授システム学専攻・教授
日 時: 2015年8月8日(土) 10:30受付開始 11:00開始 17:30終了予定
           8月9日(日) 9:30受付開始 15:30終了予定
詳しい情報とお申し込みの方法は以下のJSISHサイトをご覧ください。
http://jsish.jp/eduwp/?p=1647

■第7回 日本医療教授システム学会総会

日 時: 2015年3月5日(木)〜7日(土)
場 所: 東京大学 本郷キャンパス 医学部総合中央館
〒113-8654 東京都文京区本郷7-3-1
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_01_j.html
会 長: 鈴木克明(熊本大学大学院 社会文化科学研究科 教授システム学専攻 教授)
テーマ: 「できる医療者に育つ / 育てるしくみ」〜 実践成果の見える化と共有 〜
ホームページ
http://jsish.hare.co.jp/jsish2015/

■新人看護職員研修ガイドライン改訂版の学習システムに関するセミナー

日 時: 2014年11月29日(土曜日) 9:00-15:00
場 所: レールダルメディカルジャパン (東京・半蔵門)
詳しい情報とお申し込みの方法は以下のJSISHサイトをご覧ください。
http://jsish.jp/eduwp/?p=980

■JSISHセミナー開催のご案内
「病棟勉強会・新人看護職員研修を効果的・効率的・魅力的にするデザイン -
教育担当者のためのファカルティ・デベロップメント」

日 時: 2014年7月12日(土曜日) 10:00-16:00
詳しい情報とお申し込みの方法は以下のJSISHサイトをご覧ください。
http://jsish.jp/eduwp/?p=726

■JSISH主催「ID基礎セミナー」2014年のご案内

概 要: 高度で複雑な知識体系と着実な診療・看護技能を求められる医療従事者の教育で は、学習の効果、効率が求められるだけでなく、無駄のない精緻なパフォーマン スレベルに到達することが厳しく問われます。そうした精巧かつ安定した教育・ トレーニングを実現するためにはインストラクショナル・システムズ・デザイン (ISD)のテクノロジーが必須となります。
このID基礎セミナーでは、事前学習と集合ワークショップを通して、ISDの概要 と、ISDによるコースデザインの主要プロセスを体験します。同時に、これまで 体験したことない「ワークショップ」という個別学習形式での学習体験をしてい ただきます。
日 時: 2014年7月26日(土)9:00‐17:00
場 所: レールダル本社 東京都千代田区一番町8 一番町FSビル
詳しい情報とお申し込みの方法は以下のJSISHサイトをご覧ください。
http://jsish.jp/eduwp/?p=853
お申込みフォーム
https://adobeformscentral.com/?f=JBzXslcNcmF-1PzROVyulQ

■「ARCS / ISDセミナー」2014年

概 要: 卒前教育・卒後研修で学生、研修医・新人看護師の学習を支援し、学習者がそれぞれのパフォーマンスを向上するには、サイエンスに裏付けられた学習デザインとその支援法が必要になります。その基本が教授システム学(インストラクショナル・デザイン、ID)とそのモデルです。
このセミナーでは初日に代表的なIDモデルであるARCSモデルをてがかりにインストラクショナル・デザインの利用法について学びます。2日目はカリキュラムや組織のあり方を含めたシステム的な視点を含めたインストラクショナル・システムズ・デザイン(ISD)について学習します。
日 時: 2014年8月2日(土)10:00‐17:00、3日(日)9:00‐16:00
場 所: 新宿文化クイントビル 渋谷区代々木3-22-7 [アクセス
詳しい情報とお申し込みの方法は以下のJSISHサイトをご覧ください。
http://jsish.jp/eduwp/?p=857
お申込みフォーム
https://adobeformscentral.com/?f=NlLVtsBpJdGBsUmeHQmDvQ

■教授システム学の理論とモデル勉強会(グリーンブック勉強会)について

教授システム学の理論・モデルについては、ライゲルースにより集約され過去に3回(1983年、1999年、2009年)出版されています。この図書は教授システム学の大学院の教科書にもなっているもので、通称、グリーンブック(本の体裁がグリーン)と呼ばれています。
とくにグリーンブックII(1999年)は医療者の卒前教育・卒後研修・生涯発達に応用できる理論・モデルが紹介されています。
グリーンブック勉強会では、グリーンブックIIを中心にその内容を医療者養成の文脈で解説し、現場でどのように利用できるかを中心に解説・討論を行ないたいと考えています。
グリーンブック勉強会は以下の予定で開催するべく準備中です。
会場は東京慈恵医大西講堂を予定しています。
日程は以下の通りです(時間は午後1時から午後5時)
5月17日、9月13日、11月15日
来年
1月17日
詳しい情報とお申し込みの方法は以下のPDFファイルをご覧ください。
http://www.asas.or.jp/jsish/08_img/140120_1.pdf
お申込みフォーム
https://adobeformscentral.com/?f=rxRgI11V29pT5UasOuhrZA

■第6回 日本医療教授システム学会総会

日 程: 2014年3月6日(木)〜8日(土)
会 場: タイム24ビル
〒135-8073 東京都江東区青梅2-4-32
http://www.tokyo-bigsight.co.jp/time/access/
会 長: 河野龍太郎(自治医科大学医学部メディカルシミュレーションセンター長)
テーマ: 「患者安全と医療者のパフォーマンス」
ホームページ: http://jsish.kenkyuukai.jp/special/?id=7372

■JSISHワークショップ:「演劇」でIPWを学ぶ!第3弾のご案内

日 時: 2013年12月8日(日) 10:00〜15:00(途中1時間のランチ休憩あり)
場 所: 東京大学医学図書館3階 M1室(左奥の部屋)
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_01_j.html
対 象: 医療専門職(医師、看護師、薬剤師、その他)
*自分の組織でIPW改善のための手法を導入したいという方も歓迎いたします。
参加費: 1,000円(JSISH会員は500円)
参加申込み: http://kokucheese.com/event/index/126329/
定 員: 20名(先着順)

■「ISD/Research事例研究会+シミュレーション・ショーケース」in 沖縄のご案内

概 要: 毎月、東京で開催している「ISD/Research事例研究会」および「シミュレーション・ショーケース」を沖縄で開催いたします。
事例研究会は12月6日金曜日全日、シミュレーション・ショーケースは12月7日午前中に開催いたします。
皆さまのご参加をお待ちしています。
日 時: 前夜祭:2013年12月5日(木) 午後6:00〜(会場未定)
事例研究会:2013年12月6日(金) 受付開始9:30
懇親会:2013年12月6日(金) 午後6:00〜(会場未定)
シミュレーション・ショーケース:2013年12月7日(土) 受付開始9:00
場 所: 沖縄県市町村自治会館
詳しい情報とお申し込みの方法は以下のPDFファイルをご覧ください。
http://www.asas.or.jp/jsish/08_img/131017_2.pdf
お申込みフォーム
https://adobeformscentral.com/?f=kLjd4KkSsFPLBZDSny7DDw

■シミュレーション・サミット 2013年冬ツアーのお知らせ

シミュレーション医学教育・看護教育の最先端を学びます。
日 時: 2013 年12 月11 日(水)、12 日(木)
詳しい情報とお申し込みの方法は以下のPDFファイルをご覧ください。
シミュレーション・サミット 2013年冬ツアーのお知らせ(PDF)

■JSISHからのお知らせ
会員主導型の新しい事業「プロジェクトチーム制度」のご紹介

この制度は、本学会のミッションを遂行するため、会員が主体的にプロジェクトを立ち上げ、その運営を本学会が支援するものです。
詳しくは以下をご参照ください。
概要(PDF)
申請書(WORD)

■JSISH主催「ARCS/ISDセミナー」のご案内

概 要: 卒前教育・卒後研修で学生、研修医・新人看護師の学習を支援し、学習者がそれぞれのパフォーマンスを向上するには、サイエンスとそれに裏付けられた学習とその支援の方法論が必要となります。その基本が教授システム学(インストラクショナル・システムズ・デザイン、ISD)とそのモデルです。
日 時: 2013年8月3日(土)4日(日) 両日とも午前9時30分〜午後4時30分
場 所: 新宿・ファイザー製薬本社
詳しい情報とお申し込みの方法は以下のPDFファイルをご覧ください。
http://www.asas.or.jp/jsish/08_img/130404_2.pdf

■JSISH主催「ID基礎セミナー」のご案内 今年度スタートの新しいセミナーです

概 要: 学習者の学習活動を支援し、それぞれのパフォーマンスを向上するには、サイエンスとそれに裏付けられた方法論が必要となります。その基本が教授システム学(インストラクショナル・システムズ・デザイン、ISD)とそのモデルです。
「ID基礎セミナー」の目的は、ISDの初学者がIDの概念やプロセスを理解し、基本的なID用語が使えるようになることにあります。
日 時: 2013年8月2日 金曜日 午前10時〜午後4時
場 所: 新宿・ファイザー製薬本社
詳しい情報とお申し込みの方法は以下のPDFファイルをご覧ください。
http://www.asas.or.jp/jsish/08_img/130404_1.pdf

■「ISD/Research事例研究会」のご案内

ISDの事例および教育・研修の実践を論文にまとめる事例発表と、参加者(聴講のみも可)を募集いたします。
開催日:
2013年 4月13日, 5月4日, 6月1日, 7月6日, 9月14日, 10月19日, 11月9日, 12月7日
2014年 1月18日, 2月8日
>>詳細はこちらからご確認ください。

■「ISD/教育・研修の実践を論文にする事例研究会」のご案内

2012年8月に開催した「ISD/ARCSセミナー」および「教育・研修の実践を論文にするセミナー」のフォローアップとして、ISD/教育・研修の実践を論文にする事例研究会」を開催いたします。
ISDの事例および教育・研修の実践を論文にまとめる事例発表と、参加者(聴講のみも可)を募集いたします。
開催日:2012年12月1日(土)、12月22日(土)、2013年1月19日(土)
>>詳細はこちらからご確認ください。

■「教育・研修実践を論文にまとめる」セミナー

概 要: 教育・研修の実践に取り組んでいる方の仕事を原著論文としてまとめる方法に関するセミナー
日 時: 2012年8月18日(土)
午前9時から午後5時 (受付 午前8時30分〜)
場 所: 東京慈恵会医科大学 西講堂 施設配置図
東京都港区西新橋3-25-8
申込受付は締め切らせていただきました。
多数のご応募、ありがとうございました。

■ISD&ARCSセミナー by ジョン・ケラー教授

概 要: 卒前教育・卒後研修で学生、研修医・新人看護師の学習を支援し、学習者がそれぞれのパフォーマンスを向上するには、サイエンスとそれに裏付けられた学習とその支援の方法論が必要となります。その基本が教授システム学(インストラクショナル・システムズ・デザイン、ISD)とそのモデルです。
今回の2日間のセミナーでは、まず初日に授業やトレーニングを設計するプロセス(インストラクショナル・システムズ・デザイン)を学習し、二日目には学習意欲(モチベーション、動機づけ)を高めるために開発された「ケラーのARCSモデル」(代表的なISDモデルで、ケラー先生ご自身が開発されました)の理論と実践について学習します(予定)。
日 時: 2012年8月11,12日(2日間)
午前9:00〜午後5:00 (受付開始 両日とも 午前8:30〜)
場 所: 科学技術館 6階 第3会議室 http://www.event-jsf.jp/access
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2−1

日本交通協会 大会議室 http://www.kotsu.or.jp/bp/root/room/
東京都千代田区丸の内3−4−1 新国際ビル 9階
※会場が変更になりました。
申込受付は締め切らせていただきました。
多数のご応募、ありがとうございました。

■周産期救急対応・搬送(iPED)コース

■第2回周産期救急対応・搬送 プロバイダー及びインストラクターコースを2011年3月3・4日に開催しました。

■コースの内容、受講資格などコースの詳細は以下をご覧ください。
http://npocats.sakura.ne.jp/iPed/

■次回の開催予定は未定ですが、開催が決まり次第、当ページにアップいたします。

■〈推薦文〉 東京臨海病院 病院長・前日本救急医学会代表理事:山本保博

産科以外の医師・看護師にも,是非身につけていただきたい「2つの命を守るための方法」
東京臨海病院 病院長
前日本救急医学会代表理事
山本保博
昨今,救急搬送された妊婦が病院の受け入れ拒否にあい,結果,不幸な転帰をたどるという,いわゆる「たらい回し」の事例の報道が少なからずみうけられます.この背景には,本書でもとりあげられている「未受診妊婦の飛び込み出産」という患者側の問題もあるのですが,報道の多くは,病院側の受け入れ態勢を問題にします.
しかし病院側からみると,救急搬送されてくる未受診の妊婦は,未熟児への緊急対応が必要となる場合や感染などのリスクが高く,その上,出産費用が不払いになる可能性があるなど,受け入れをためらう要因も多いことも事実です.
ただ,これでは生まれてくる子どもの命を守ることはできません.
これら病院側の受け入れ拒否の理由のひとつに「産婦人科の医師がいなかった」ことがあげられています.専門の産科医師がいてくれたら,上記のような「未受診妊婦の飛び込み出産」にもなんとか対応できたかもしれないというのです.これはわが国がかかえている医師不足や専門医の偏在という医療現場から直結する問題ではありますが,やはりこれでは,生まれてくる子どもの命を守ることはできません.
本書は,一人の助産師さんが,近隣の消防署の救急救命士・救急隊員の方々,所属の産婦人科の先生方の協力を得ながら開発した周産期救急トレーニングプログラムのガイドブックです.救急搬送される妊婦と,なによりも生まれてくる子どもの対応に苦慮しながら,なんとか2つの命を守りたいと奮闘する救急救命士・救急隊員の方々に向けて執筆されたものです.本書は,分娩の基礎知識から重大な徴候の見分け方・対処法まで,必要な知識・手技が簡潔かつ非常にわかりやすくまとめられており,「産科医・助産師がいない場合」の医師・看護師のみなさんにも,周産期救急のスキルを身につけるのに十分役立つものと思います.
著者が序文の最後で述べていますが,このガイドブックを利用して,1人でも多くの母親と新生児のいのちを繋ぐ役割を担える実力をもっていただくことを期待します.

■アメリカ心臓協会国際トレーニングセンターの運営を開始

日本医療教授システム学会としてアメリカ心臓協会国際トレーニングセンター(JSISH-ITC)の運営を開始しました。詳細は以下をご覧ください。
http://aha-ecc.jp/

■Twitterによる情報提供について

JSISHのユーザーネームで日本医療教授システム学会のミッションにかかわる情報を提供しています。Twitter上でJSISHをフォローしてください。
JSISH_ITCのユーザーネームで日本医療教授システム学会AHA国際トレーニングセンターと蘇生等に関する情報を提供しています。Twitter上でJSISH_ITCをフォローしてください。

<<<事業・総会に戻る

Copyright (c) Japan Society for Instruction Systems in Healthcare. All Rights Reserved.