日本神経精神薬理学会
ホーム 入会案内 会員ログイン お問い合わせ

日本神経精神薬理学会

〒112-0012
東京都文京区大塚5-3-13
学会支援機構内
TEL:03-5981-6011
FAX:03-5981-6012
jsnp@asas-mail.jp

学会レポート

≪元のページに戻る
学会レポートシリーズ 2014年国際神経精神薬理学会
(CINP: The International College of Neuropsychopharmacology)その2
大阪大学大学院 連合小児発達学研究科 附属子どものこころセンター 早田敦子

 2014年6月22日(日)より26日(木)にわたり、カナダ・バンクーバーにて開催されました第29回国際神経精神薬理学会(CINP2014)に参加致しました。学会の様子など報告させていただきます。

 CINPへの参加は、前回のストックホルム大会に続き2回目になりますが、今回、研究室内からただ1人での参加となり、不安でいっぱいのまま出発いたしました。しかし、初日にJAPAN Nightが開催され、お手伝いとして受付を担当したことにより、様々な先生方と知り合いになり、研究内容の話のみならず、研究者としての姿勢や考えを学ぶ機会を得ることができました。さらに、日本の6月の高温多湿の気候と異なる涼しく澄んだバンクーバーの気候と学会会場もあるベイエリアの美しさに魅了され、大変有意義な時間を過ごすことができたと思います。普段、学会期間中は同じ研究室内の先生方と行動を共にすることが多かったのですが、その態度を見なおす必要があると反省いたしました。

 神経精神薬理学会は、臨床と基礎研究の両方の発表があるため、私が普段参加する基礎系学会では聞けない臨床の発表も多く拝聴し、また、ポスターでは拙い英語ながらいくつか質問することもでき、大変勉強になりました。2日目のJapanese sessionでは立ち見が出るほど聴衆が多く、統合失調症の最新の知見も含め大変興味深い内容が目白押しで、大成功のsessionだったのではないかと思います。中でも、廣井昇先生の統合失調症・自閉症マウスモデルである22q11.2 CNVマウスの講演では、マウスの社会的コミュニケーションの1つである超音波発声に多くのバリエーションがあり、実際に1つずつ超音波発声の違いを聞かせながら発表をしていただき、判り易く私にとって印象的な内容でした。

 自身のポスター発表は、まだまだ英語が未熟で課題であると痛感しましたが、数名の先生方とディスカッションさせて頂き、とても有益な助言を頂きました。ただ、会場ではポスターが貼られていない発表もいくつか見られ、発表者から直接話を聞くことができなかったことや、日を追うごとにやや閑散としていたことが、非常に残念に思いました。

 今回、ポスター発表演題におきまして、日本神経精神薬理学会よりJSNP Excellent Presentation Award for CINP 2014を受賞しましたことを誠に光栄に存じます。ご指導ご鞭撻を賜りました皆様、学会関係者にこの場を借りて感謝申し上げます。日々精進して、研究に邁進していきたいと思います。