日本神経精神薬理学会
ホーム 入会案内 会員ログイン お問い合わせ

日本神経精神薬理学会

〒112-0012
東京都文京区大塚5-3-13
学会支援機構内
TEL:03-5981-6011
FAX:03-5981-6012
jsnp@asas-mail.jp

学会レポート

≪元のページに戻る
学会レポートシリーズ 2014年国際神経精神薬理学会
(CINP: The International College of Neuropsychopharmacology)その1
(公財)東京都医学総合研究所・依存性薬物プロジェクト 笠井慎也

 6月22日〜26日にバンクーバーで開催されました第29回国際神経精神薬理学会(29th CINP World Congress of Neuropsychopharmacology; CINP2014)に参加致しました。今回、JSNP Excellent Presentation Award for CINP2014を授与下さいましたこと、この場を借りてお礼申し上げます。学会、現地の様子など報告致します。

 CINP2014は、今大会の大会長でCINP前理事長のAnthony G. Phillips先生の地元、カナダ、バンクーバーのコンベンションセンターで開催されました。訪れました6月下旬のバンクーバーは、気温が10〜20℃程で湿度も低く、非常に過ごし易い気候でした。

 今大会の特徴として、AD/HDに関するシンポジウムやワークショップが比較的多かったことが挙げられます。近年、AD/HDなど発達障害の認知度が高くなり、患者数も全世界的に増えていることから(過剰な診断によるとも言われていますが)、こういった社会状況を反映した結果なのかもしれません。また、TopicにPainが加わったことも今大会の特徴の一つと言えます。疼痛は精神疾患の中心的な病態ではありませんが、様々な精神疾患に付随して引き起こされることが報告されており、Topic登録に繋がったと思われます。今回の受賞研究も疼痛に関する研究でしたので、本研究が疼痛の理解と治療に繋がれば嬉しく思います。
 本年4月にJSNPから頻用向精神薬の多軸分類法についてコメント依頼がありましたが、Nomenclatureタスクフォースのメンバーであり、依存性薬物のリスク分類でも著名なDavid Nutt先生と22日夜のJapan nightで話す機会を持てました。CINPという国際会議でJapan nightを企画下さった橋本亮太先生、新田淳美先生に感謝しております。

 今大会では日本から100名を超える参加者があり、ポスター発表でも多くの日本人の発表を見ました。CINP理事長、副理事長にそれぞれ山脇成人先生、齋藤利和先生が就任され、CINPにおける日本の存在感は非常に高まっていると感じました。一方で、シンポジウム等の座長は大半が欧米の研究者で占められており、欧米をリードする研究の必要性を感じました。今後は、自身の研究分野でシンポジウムも企画出来るよう研究に精進し、神経精神疾患の病態解明や治療法確立などに貢献していく所存です。
Japan nightでの集合写真
David Nutt教授との写真