日本神経精神薬理学会
ホーム 入会案内 会員ログイン お問い合わせ

日本神経精神薬理学会

〒112-0012
東京都文京区大塚5-3-13
学会支援機構内
TEL:03-5981-6011
FAX:03-5981-6012
jsnp@asas-mail.jp

学会レポート

≪元のページに戻る
学会レポートシリーズ 2015年アジア神経精神薬理学会
(AsCNP:Asian College of Neuropsychopharmacology)

藤田保健衛生大学総合医科学研究所システム医科学研究部門 萩原 英雄

この度、11月20日(金)〜22日(日)に台湾国際コンベンションセンターにて開催された第4回アジア神経精神薬理学会 (The 4th Congress of Asian College of Neuropsychopharmacology; AsCNP2015)に参加いたしました。この時期、日本では肌寒くなってきていた頃でしたが、会期中の台北は晴天にも恵まれたせいか少し蒸し暑いくらいの気候で、緯度にして10度くらいの違いですが、その差を体感しました。

今回の学会でとくに印象的だったのが、腸内細菌叢と脳機能との関連についてのシンポジウムでした。他の神経科学系の学会でもこのトッピクの演題を目にする機会が最近増えてきたと感じていたところでした。本シンポジウムでは、自閉症の胎生期ウイルス感染モデルマウスや母子分離ストレスモデルマウスにおいて見られる行動異常が、ある種の細菌を投与することでレスキューされたという結果が発表されていました。そしてそれらのレスキュー効果の発揮には、炎症性サイトカインやセロトニン・ドーパミンを介したメカニズムが重要であることも紹介されていました。このように、脳の病気とされる疾患の原因を腸内に見出し、腸−脳相互連関が精神神経疾患の治療ターゲットになるかもしれないという点において非常に興味深く感じました。

最後になりましたが、この度、ポスター発表演題におきまして、JSNP Excellent Presentation Award for AsCNP 2015を受賞しましたことを大変光栄に存じます。日々の研究成果がこのような賞に繋がり大変嬉しく感じています。ご指導ご鞭撻を賜りました皆様、学会関係者の方々にこの場をお借りして深く御礼申し上げます。今回の受賞を励みに、今後とも研究に邁進していきたいと考えております。