日本神経精神薬理学会
ホーム 入会案内 会員ログイン お問い合わせ

日本神経精神薬理学会

〒112-0012
東京都文京区大塚5-3-13
学会支援機構内
TEL:03-5981-6011
FAX:03-5981-6012
jsnp@asas-mail.jp

学会レポート

≪元のページに戻る
学会レポートシリーズ 2016年国際神経精神薬理学会
(CINP: The International College of Neuropsychopharmacology)

名城大学大学院薬学研究科 病態解析学 I 後藤 綾

2016年7月3〜5日、韓国ソウル市の国際会議場(Convention & Exhibition; COEX)にて開催されました第30回国際神経精神薬理学会(30th CINP World Congress of Neuropsychopharmacology; CINP 2016)に参加いたしましたので、学会および現地の様子を報告いたします。

ソウルの7月初旬は日本と同様梅雨の時期にあたり、雨が降る中での開催となりましたが、あいにくの天候を吹き飛ばすかのような多数の参加者が集う活発な学会でした。国際神経精神薬理学会への参加は今回が初めてでしたが、神経精神薬理学の基礎から臨床まで、最新の話題を幅広く学ぶことができました。

30回目の記念大会である今大会の特徴としては、今までの歴史ともに今後の神経精神薬理学のさらなる発展に向けたテーマの講演が多数行われたことです。例えば、シンポジウムでは、統合失調症や双極性障害をはじめとし、心的外傷後ストレス障害(post traumatic stress disorder; PTSD)や自閉症スペクトラムなど、様々な神経精神疾患の病態・治療の標的分子について、動物や臨床サンプルを用いたゲノム・エピゲノム研究、プロテオミクス研究、および大規模コホート研究が報告されていました。このように、神経精神疾患におけるトランスレーショナルリサーチの発展を実感しました。兼ねてより憧れであった、統合失調症の薬理学的分子病態と治療薬の機序解明に貢献されているHerbert Y. Meltzer先生にお会いできたことは大変刺激になりました。

私は、抗精神病薬クロザピンの副作用である血液毒性の発現機序に関して培養細胞を用いた研究について発表いたしました。発表時には多数の研究者から有益な質問や助言をいただきましたが、自身の英語力の未熟さを痛感し、今後さらに語学力に磨きを掛けたいと思いました。

今回、本演題にてCINP 2016と同時開催であった第46回日本神経精神薬理学会年会のJSNP Excellent Presentation Award for CINP 2016を受賞することができ、誠に光栄に存じます。この場をお借りしてご指導ご鞭撻を賜りました先生方、学会関係者に厚く御礼申し上げます。今後も日々精進し、神経精神疾患の病態解明や新規診断・治療法の確立に還元できる成果を目指して研究に邁進していく所存です。

photo photo