日本神経精神薬理学会
ホーム 入会案内 会員ログイン お問い合わせ

日本神経精神薬理学会

〒112-0012
東京都文京区大塚5-3-13
学会支援機構内
TEL:03-5981-6011
FAX:03-5981-6012
jsnp@asas-mail.jp

学会レポート

≪元のページに戻る
学会レポートシリーズ 2016年国際神経精神薬理学会
(CINP: The International College of Neuropsychopharmacology)

慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室 内田 貴仁

2016年6月3日〜5日に韓国ソウルで開催されました第30回国際神経精神薬理学会(30th CINP World Congress of Neuropsychopharmacology; CINP2016)に参加致しました。この度、JSNP Excellent Presentation Award for CINP 2016を授与下さいましたことを、この場を借りて御礼申し上げます。

学会場の雰囲気ですが、精神薬理の世界大会ということで、著名な先生方と場内の至る所でお話しする機会があり、さらには、その先生方の最先端の研究や知見に関するご講演を拝聴でき、非常に刺激的な3日間でした。CINPへの参加は前回のバンクーバー大会に続いての2回目だったのですが、前回大会でポスター発表をされていた先生が、今回の私の発表時に来てくださいました。その先生も2年前のことを覚えてくださっており(2年前にお話ししたのはほんの短い時間であったにも関わらず)、私は感動を覚えるとともに、世界と少しずつ繋がっていっている事を実感でき大変嬉しく思いました。私のポスター発表自体は、拙い英語のためにまだまだ満足のいくディスカッションができませんでしたが、今後の糧としたいと思います。

韓国には初めて訪れましたが、学会場のCOEX周辺には屋台等はなく、日本と変わらぬ都会的な雰囲気に驚きを感じました。しかし、学会場をすこし離れると本場の韓国料理を堪能することができ、学会場を離れても充実した時間を過ごすことができました。

最後になりましたが、今回の受賞および演題作成について様々なご助言を賜りました諸先生方、学会関係者の皆様に、この場をお借りして御礼申し上げたいと思います。ありがとうございました。今後も少しずつ研究を続け、微力ながら精神薬理の発展に貢献できればと考えています。この度は誠にありがとうございました。