日本神経精神薬理学会
ホーム 入会案内 会員ログイン お問い合わせ

日本神経精神薬理学会

〒112-0012
東京都文京区大塚5-3-13
学会支援機構内
TEL:03-5981-6011
FAX:03-5981-6012
jsnp@asas-mail.jp

学会レポート

≪元のページに戻る
学会レポートシリーズ 2016年国際神経精神薬理学会
(CINP: The International College of Neuropsychopharmacology)

名城大学薬学部病態解析学 I 伊藤 貴博

第30回国際神経精神薬理学会(30th CINP World Congress of Neuropsychopharmacology)が、2016年7月3日(日)から5日(火)の3日間にわたり、韓国ソウル特別市の国際会議場(COEX)にて「FUTURE OF NEUROPSYCHOPHARMACOLOGY - Innovation Integrated with Neuroscience for Mental Health -」をテーマに開催されました。今回JSNP Excellent Presentation Award for CINPを受賞いたしました。ご指導賜りました先生方並びに学会関係者様には、この場を借りて心より御礼申し上げます。

本学会参加は、私にとって初めての国際学会であり、海外渡航でもありました。多くの不安と緊張と共に、未知の世界に触れることへの期待に胸を膨らませて、本学会に臨みました。会場のCOEXは、ショッピングセンターや映画館などと連結した巨大複合施設となっており、その中にある大小様々な展示会場では、活発な議論が繰り広げられていました。私は、ストレス負荷マウスの情動障害におけるPKCを介したセロトニントランスポーターの代謝制御機構が新たな抗うつ薬のターゲットとなる検討をポスター発表しました。多数の研究者とディスカッションすることができ、多くの有益な助言も頂くことができました。

本大会には、基礎研究や臨床研究だけでなく、それぞれを橋渡しするトランスレーショナルリサーチなど興味深い成果報告が数多くありました。図や映像を用いた簡潔かつ論理的な研究成果は、語学力不足の私でも興味深く拝聴することができました。日本では臨床経験の浅いベンラファキシンなどの抗うつ薬の効果や副作用に関する報告が数多くあり、日本と海外とのドラックラグを実感しました。また、世界各国から寄せられた最新の知見や課題に触れることができ、非常に多くの刺激を受けることができました。同世代の研究者との交流や情報交換することもでき、大変有意義な学会でした。今回の受賞を励みとして、精神疾患における病態解明や治療薬の機序解明およびそれらに関する新規標的分子の探索・同定を目指し、日々精進し、社会へ還元できる成果を発信していきたいと思います。

会期中の韓国は、梅雨の時期であり毎日が雨模様にも関わらず、東大門や明洞などは活気に溢れていました。聳え立つ建物、ファッションやグルメなど、多くの韓国文化にも触れることができました。語学力にも磨きを掛けて、再び国際学会での発表にチャレンジしたいと思います。

photo