日本神経精神薬理学会
ホーム 入会案内 会員ログイン お問い合わせ

日本神経精神薬理学会

〒112-0012
東京都文京区大塚5-3-13
学会支援機構内
TEL:03-5981-6011
FAX:03-5981-6012
jsnp@asas-mail.jp

学会レポート

≪元のページに戻る
学会レポートシリーズ 2016年国際神経精神薬理学会
(CINP: The International College of Neuropsychopharmacology)

慶應義塾大学大学院基礎理工学専攻生物化学研究室 渡邊 理紗

この度、JSNP Excellent Presentation Award for CINP 2016を受賞したことを大変光栄に思います。ご指導いただいた研究室の先生方、先輩方、そして学会関係者の方々にこの場をお借りして深く御礼申し上げます。

今回の韓国でのCINPは、修士課程在籍中の私にとって、初めて参加する海外開催の学会でした。興味を持っていただいた海外の研究者と、自分の研究内容について英語でディスカッションすることが非常に新鮮であり、モチベーション向上に繋がりました。

CINPは私が想像していたよりも巨大な学会であり、現場の医師や薬剤師、製薬企業の社員など、普段お話を伺う事のできない方々による発表を聞くことができました。基礎研究で得られた知見が臨床現場で安全に使用されるまでに、どのような試行錯誤を経ているのかといった「縦」の繋がりを知ることができたのは興味深かったです。「臨床研究」「基礎研究」と、普段は交わることの少ない両研究分野ですが、実は実験手法や考え方などの交流が多く成されていると気づくことができました。

学会会場がソウルの中心部にあったことから、学会終了後、ソウル市内へ移動し、研究室の先輩方と話題のカキ氷を食べに行きました。量が多く、食べ終える頃には体中が冷え切っていましたが、美味しかったです。

CINPにおける経験を励みに、今後も神経精神薬理学の発展に貢献できるよう、研究に専念して参りたいと思います。このたびは誠にありがとうございました。

写真:東京にも上陸したSolbing. このボリュームで、一つ約1200円でした。

photo