日本神経精神薬理学会
ホーム 入会案内 会員ログイン お問い合わせ

日本神経精神薬理学会

〒112-0012
東京都文京区大塚5-3-13
学会支援機構内
TEL:03-5981-6011
FAX:03-5981-6012
jsnp@asas-mail.jp

学会レポート

≪元のページに戻る
学会レポートシリーズ 2016年国際神経精神薬理学会
(CINP: The International College of Neuropsychopharmacology)

(公財)東京都医学総合研究所・依存性薬物プロジェクト 森屋 由紀

2016年7月2日〜3日に第46回日本神経精神薬理学会、2016年7月3日〜5日に30th CINPが韓国ソウル市のCOEXで開催され、参加しました。今回、ポスター発表におきましてJSNP Excellent Presentation Award for CINP 2016を受賞できましたことを心より感謝申し上げます(写真1)。今回受賞した研究内容は、大学院から継続している研究成果ですがこのような賞につながり大変嬉しく感じております。ご指導を受け賜わりました皆様、学会関係者の方々にこの場をお借りして深く御礼申し上げます。今後も受賞したことを励みに、より良い研究成果をだせるように日々精進していきたいと思います。

学会会場のCOEXはソウル市江南区にあり高級住宅街も近く、静かで落ち着いた雰囲気の場所でした(写真2)。CINPは神経精神疾患の臨床から基礎研究を行っている先生方が世界中から参加しているため、最新の薬物治療、モデルマウスにおける評価、分子基盤の解明、治験における評価システム、新薬開発の現状と課題など、幅広い内容の発表があり、最新の研究に関する知識を得ることができました。今、世界でどのような研究領域が注目されているのかを知ることもできました。特に、韓国で行われた学会ということもあり、韓国の中学生を対象とした自己コンロトールと飲酒、喫煙、インターネット、スマートフォンの依存との関連性について疫学調査をした発表において、自己コントロールの意識の低さは、周りの環境や教育環境の違いが大きく影響しているという研究結果に興味を持ち、研究視野が広がりました。

今回の国際学会にはJSNPにも参加された日本人の先生方も多く、初日のJapan Nightには総勢約300名の神経精神薬理の研究者が一堂に会して懇親を深める機会があり、とても有意義な時間を過ごさせて頂きました。自身の研究分野以外の発表に触れる機会が多く、貴重な経験をさせていただいたことに心から感謝いたします。

写真 - 左上:JSNP Excellent Presentation Award for CINP 2016を受賞された皆さん
写真 - 右上:ポスター会場
写真 - 左下:会場から外の風景
写真 - 右下:Welcome Reception and Awards Ceremony

photo photo
photo photo