日本神経精神薬理学会
ホーム 入会案内 会員ログイン お問い合わせ

日本神経精神薬理学会

〒112-0012
東京都文京区大塚5-3-13
学会支援機構内
TEL:03-5981-6011
FAX:03-5981-6012
jsnp@asas-mail.jp

学会レポート

≪元のページに戻る
学会レポートシリーズ 2016年国際神経精神薬理学会
(CINP: The International College of Neuropsychopharmacology)

麻布大学大学院環境保健学研究科環境保健科学専攻 成田 心

2016年7月3日から5日まで韓国ソウルCOEXで開催されました第30回国際神経精神薬理学会 (30th CINP World Congress of Neuropsychopharmacology; CINP2016) に参加いたしました。

私にとって人生初めての海外渡航、国際学会への参加であったため、学会当日までは不安と楽しみが半々といったような日々を過ごしていました。今回、CINPとの連続開催であった第46回日本神経精神薬理学会年会にも参加したため、1日から韓国入りしました。金浦国際空港での入国手続きから学会会場近くの宿舎までの移動は初めて尽くしのことばかりでしたが、大きなトラブルもなく無事に1日目を終えることができました。2日目はJSNPのポスター発表があり、その後のJapan Nightに参加させていただきました。Japan Nightには大変多くの先生方が参加されており、また、他大学の大学院生の方ともお話をさせていただき、大変貴重な楽しい時間を過ごすことができました。

3日目からはCINP2016が開催され、神経精神薬理学の基礎から最新のトピックまで幅広くプログラムが展開されており、私自身も数多くのセッションを拝聴しました。特に、”Recent advances in drug dependence genetics - legal and illegal”と題したシンポジウムでは、Addictive disorderのあらゆる側面に関わる遺伝子やその多型についての現在の見解や今後の展望が多角的に網羅されていて、同領域に関連した研究を行っている私にとって大変興味深いものであり、今後の研究活動の糧となる有意義な時間となりました。依存性薬物に関する遺伝子解析研究には今後も議論の余地があるかと思いますが、人種差や性差、疾患の表現型など様々なファクターを考慮し検討することで、疾患関連遺伝子の新たな役割がより詳細に解明される可能性があると再確認しました。CINP2016でのポスター発表では、様々な分野の研究をされている先生方とディスカッションしましたが、何より私の英語力が未熟で、相手の先生に内容を理解してもらうことに苦戦してしまいました。しかし、自分の言いたいことが伝わった時は大変嬉しく、まだまだ勉強が必要な私ですが、少し自信が持てた瞬間でもありました。また、今回CINPよりStudent Encouragement Awardを授与いただき、大変貴重な経験を得ることができました。

今回の学会では多くのことを学びましたが、最初は初めての国際学会で不安だった気持ちも徐々に楽しさに変わり、基礎から臨床まで幅広い分野の研究が集結した本学会に多くの刺激を受けました。また、自分が経験したことのないことにも勇気をもって積極的に取り組むことで得られることもたくさんあるということを、他国の先生方とのコミュニケーションを通じて実感し、ディスカッションの重要性を改めて感じました。

最後に、今回のポスター発表演題におきまして、日本神経精神薬理学会よりJSNP Excellent Presentation Award for CINP2016を授与いただきましたことを誠に光栄に思います。常日頃よりご指導くださっている先生方、研究室の皆様、学会関係者の皆様に深く御礼を申し上げます。今回の受賞を励みとし、身を引き締め、微力ながらも日々精進していく所存です。今後ともご指導ご鞭撻の程、よろしくお願いいたします。

photo photo