日本神経精神薬理学会
ホーム 入会案内 会員ログイン お問い合わせ

日本神経精神薬理学会

〒112-0012
東京都文京区大塚5-3-13
学会支援機構内
TEL:03-5981-6011
FAX:03-5981-6012
jsnp@asas-mail.jp

学会レポート

≪元のページに戻る
学会レポートシリーズ 2016年国際神経精神薬理学会
(CINP: The International College of Neuropsychopharmacology)

東京医科歯科大学精神行動医科学分野 石渡 小百合

2016 年 7 月 3 日から 5 日にかけて韓国・ソウルで開催された 30th CINP World congress of Neuropsychopharmacology (CINP 2016) に参加致しました。

CINPへの参加は、ストックホルム、バンクーバー大会に続き3回目となります。アジアでの開催、そして日本神経精神薬理学会年会との連続開催ということもあり、これまでのCINPよりもアジア人が多いという印象を受けました。

はじめて訪れた韓国・ソウルは、予想以上にビルと坂が多い街でした。特に、会場周辺にはオフィスビルも立ち並び、平日は、韓国の会社員の方達に混じりながら学会会場へ向かうこともありました。初日は電車の乗り方もいまいちよく分からず右往左往していましたが、一緒に行った先生方や、現地の方々に色々教わり、どうにか 3 日間乗り切ることができました。

今回の学会参加で私が楽しみにしていたことの一つは、我々が注目している ”G72タンパク質 (D-アミノ酸酸化酵素の活性化因子)” の研究をしている海外グループの先生とお話しする事でした。今回私がポスターで発表させていただいた内容は、そのグループの先生達と異なる結果だった為、何と言われるか内心ハラハラしながら御挨拶したのですが、丁寧に話を聞いて下さり、お互いの実験方法や、サンプル条件の違い、薬物の影響など様々なことをディスカッションすることができ、とても有意義な時間を過ごす事ができました。

国際学会の利点の一つは、世界中の様々な研究者が、それぞれ、また、時には協力しあいながら、疾患の機序解明を目指し、臨床・基礎研究をしている、ということを実感できることだと思います。日々、目の前の研究に取り組んでいるとついつい忘れがちな、世界の流れや色々な人々の考え方を知る度に、やりがいや自分の未熟さを感じ、モチベーションアップにつながっています。また、CINPにはどこかアットホームな雰囲気があり、私のような若輩者でもポスター会場などで、著明な先生方に御挨拶や質問ができることが毎回楽しみです。

今回、日本神経精神薬理学会より JSNP Excellent Presentation Award for CINP 2016を授与されましたことを大変光栄に思います。日々、ご指導ご鞭撻を頂いた皆様、そして学会関係者の皆様にこの場をお借りして、深く御礼申し上げます。今後も、今回の経験を糧に、神経精神薬理の更なる発展に貢献できるよう日々精進して参りたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願い致します。