日本神経精神薬理学会
ホーム 入会案内 会員ログイン お問い合わせ

日本神経精神薬理学会

〒112-0012
東京都文京区大塚5-3-13
学会支援機構内
TEL:03-5981-6011
FAX:03-5981-6012
jsnp@asas-mail.jp

学会レポート

≪元のページに戻る
学会レポートシリーズ 2016年国際神経精神薬理学会
(CINP: The International College of Neuropsychopharmacology)

奈良県立医科大学精神医学講座 牧之段 学

このたび,第46回日本神経精神薬理学会年会・第30回国際神経精神薬理学会ソウル大会に参加させて頂きました.精神薬理系の学会に参加させて頂くのは初めてであり,大変勉強になりました.

CINPの開会式では広島大学精神科の山脇成人教授がご挨拶され,クロルプロマジンやハロペリドールなどの抗精神病薬としての発見から最新の知見まで,これまでのCINPに関連する活動や業績についてご紹介頂きました.私は精神疾患の基礎研究を中心に行って参りましたが,実際に患者さんの役に立つ創薬ということにあまり関心を払っていませんでした.通常の臨床業務において,クロルプロマジンやハロペリドールなどはふつうに処方させて頂いておりますが,JSNPやCINP所属の先生方が協働して創薬のシステムを作り,治療薬として実用化されるまでに至ったストーリーを知るにつけ,“精神薬理”という言葉がやたらと魅力的に感じられるようになりました.現在,自閉スペクトラム症の基礎研究・臨床研究を進めさせて頂いておりますが,もう少し薬理学的な観点からも切り込めるような研究者になれたらとおもいます.

ソウルには米国留学時代の親友がおりまして,ソウルに行くたびに遊んでもらっているのですが,今回も奈良医大精神科のメンバーとともに,プッチャンドンの夜を堪能させて頂き,薬理学的な研究を進めるべくリフレッシュさせて頂きました.

photo