日本神経精神薬理学会
ホーム 入会案内 会員ログイン お問い合わせ

日本神経精神薬理学会

〒112-0012
東京都文京区大塚5-3-13
学会支援機構内
TEL:03-5981-6011
FAX:03-5981-6012
jsnp@asas-mail.jp

学会レポート

≪元のページに戻る
学会レポートシリーズ 2017年アジア神経精神薬理学会
(AsCNP:Asian College of Neuropsychopharmacology)

藤田保健衛生大学 萩原 英雄

この度、4月27日(木)〜29日(土)にバリ国際コンベンションセンターにて開催された第5回アジア神経精神薬理学会 (The 5th Congress of Asian College of Neuropsychopharmacology; AsCNP2017)に参加いたしました。

AsCNP大会への参加は、前回2015年の台北大会に続く2回目となりました。前回の参加時には知り合いの先生がほとんどいなかったのですが、今回は気軽にお話させていただける方もおられ、この分野での繋がりも徐々にですがこの2年のうちに広がってきたのかなと感じた次第です。

今回、ポスター演題において、統合失調症と双極性障害の患者およびモデルマウスの脳のpHが低くなっておりいくつかの精神疾患に共通する中間表現型の一つではないか、という内容の発表をいたしました。しかし、精神疾患における脳pH低下の意義についてはまだまだ不明な点が多く残されています。この研究をどのように進展させていこうか模索していたところ、ディスカッションさせていただいた先生からは、精神疾患研究でこれまで多く指摘されているGABArgic神経の異常などの脳内指標との相関を見てみてはどうか、などの貴重なアドバイスをいただき、大変有意義な機会となりました。

最後になりましたが、この度、上記のポスター発表演題におきまして、JSNP Excellent Presentation Award for AsCNP 2017を受賞しましたことを大変光栄に存じます。日々の研究成果がこのような賞に繋がり大変嬉しく感じています。ご指導ご鞭撻を賜りました皆様、学会関係者の方々にこの場をお借りして深く御礼申し上げます。今回の受賞を励みに、今後とも研究に邁進していきたいと考えております。