日本神経精神薬理学会
ホーム 入会案内 会員ログイン お問い合わせ

日本神経精神薬理学会

〒112-0012
東京都文京区大塚5-3-13
学会支援機構内
TEL:03-5981-6011
FAX:03-5981-6012
jsnp@asas-mail.jp

学会レポート

≪元のページに戻る
学会レポートシリーズ 2017年アジア神経精神薬理学会
(AsCNP:Asian College of Neuropsychopharmacology)

公益財団法人東京都医学総合研究所依存性薬物プロジェクト 柏井 洋文

2017年4月27日から29日にインドネシアのバリ島で開催されました第5回Asian College of Neuropsychopharmacology (AsCNP)に参加致しました。私自身は神経精神薬理関係の国際学会は昨年のCINPに引き続いての参加となりました。現地は幸い天候に恵まれました。南国の強い日が差し、ヤシの木に囲まれ、近くのビーチには青い海が広っており、リゾート気分に誘われそうになりましたが、一歩会場に入ると学術的な熱気に溢れていました。

今回の学会ではJohn H.Krystal先生のkeynote lectureを含めケタミンに関する発表が多いように感じました。私自身はもともと小児科医で、今は精神疾患のモデル動物を用いた研究をしていますので、疾患モデル動物を用いた研究、トランスレーショナル研究および臨床で薬剤使用経験の発表などを中心に拝聴し、大変刺激を受けてきました。またインドネシアやマレーシアからの発表では、まだ十分な研究環境が整っていないかもしれない中で意欲的な研究をされていることに感銘を受けました。

ポスターセッションも基礎研究から臨床の症例報告まで幅広い分野での発表があり、臨床医としても基礎研究者としてもどちらの視点からも大変興味深く拝見しました。

最後にこの度、JSNP Excellent Presentation Award for AsCNP 2017を受賞させていただき、誠に光栄に存じます。この場をお借りしてご指導ご鞭撻を賜りました先生方、学会関係の皆様に厚く御礼申し上げます。この受賞を励みに更に研究意欲を高め、神経精神薬理分野の研究の発展に少しでも貢献できるように日々精進したいと思います。

photo