日本神経精神薬理学会
ホーム 入会案内 会員ログイン お問い合わせ

日本神経精神薬理学会

〒112-0012
東京都文京区大塚5-3-13
学会支援機構内
TEL:03-5981-6011
FAX:03-5981-6012
jsnp@asas-mail.jp

NeuropsychoTRENDS

≪元のページに戻る
DSM-5をとりまく情勢
2013.4
高田孝二
帝京大

DSM-5が出版される直前の4月29日、米国立精神保健研究所(NIMH)所長のInsel博士より、「NIMHは研究の方向性をDSM-5の分類から離したものとする」、との声明が出され、大騒ぎとなった。診断に明確な客観的基準を求める基礎分野と、患者・国・保険医療の現実を抱える臨床領域の「立ち位置」の相違・相克を明確にしたものといえ、今後の研究の方向に大きな影響を与える可能性のあるものとして興味深い。詳細は以下を参照されたい。

NIMH: Transforming Diagnosis
http://www.nimh.nih.gov/about/director/2013/transforming-diagnosis.shtml

APA (DSM-5 Task Force): Statement by David Kupfer, MD
http://www.psych.org/File%20Library/Advocacy%20and%20Newsroom/Press%20Releases/
2013%20Releases/13-33-Statement-from-DSM-Chair-David-Kupfer--MD.pdf


NIMH & APA: DSM-5 and RDoC: Shared Interests
http://www.psychiatry.org/File%20Library/Advocacy%20and%20Newsroom/
Press%20Releases/2013%20Releases/13-37-Joint-APA-and-NIMH-Statement.pdf


なお、上記声明の大意は日本依存神経精神科学会のサイトに掲載したので、そちらも参照されたい(http://www.jspra.jp/news/show_news_sonota.php?id=37)。