一般の方

心臓のQ&A

免疫抑制剤
心臓移植後にはどのような薬を飲む必要がありますか?

薬 移植後は、免疫抑制剤を内服しなければなりません。経過とともに薬の量は減ってきますが、一部の臓器移植を除き、一生涯のみ続ける必要があります。
優れた免疫抑制剤のおかげで移植の成績は飛躍的に向上しました。しかし、全てが予防できるわけではありません。また、免疫抑制剤には副作用もあります。そのため、通常は少ない量で最大限の効果を得るために、いくつかの薬剤を組み合わせる併用療法が行われます。

お薬の量は移植後の日数や経過によって変わります。自己判断でお薬を中止したり、量の変更を行ったりしないで下さい。お薬の必要性を正しく理解し、きちんと決められた通りに服用してください。
血中濃度を安定させるために、毎日決まった時間に服薬してください。
薬を飲んだが吐いてしまった場合、飲み忘れた場合には必ず連絡をしてください。
発熱や下痢が続く場合は連絡をしてください。
災害などでお薬を手に入れられなくなることを考え、お薬は多めに持つようにしてください。外来の際に残りの個数を確認してくるようにしてください。外出の際にはひとつの手荷物に入れず複数に分けていると良いでしょう。

解熱剤などを内服する際は、必ず病院へ連絡を入れてください(腎臓の機能などに影響を及ぼす恐れがあります)。他の施設を始めて受診する際には、服用中の薬の一覧を提示し、かかりつけの病院にも連絡して下さい。

心臓の質問一覧へ

この記事は役に立ちましたか?

わかりやすかった
あまりよくわからなかった
わかりにくかった