一般の方

臓器移植全般のQ&A

移植対象者
臓器移植はどのような方が受ける治療ですか?

健康な男性 現在の医学で考えられる、あらゆる内科的・外科的治療を行っても治癒できないほど、臓器が傷害された場合に臓器移植を受ける必要があります。

傷害された臓器を移植した方が、生命予後(どのくらい生きることができるか)や生活水準(QOL:どのような生活ができるか)の面で改善されるときに、臓器移植の適応があるといいます。
つまり、移植をすると却って生命予後やQOLが下がる場合には移植の適応となりません。

たとえば、移植する臓器以外に、移植をしても改善しないような傷害がある場合や、全身性の感染症がある場合には、移植をしたあとの薬を効果的に飲んでもらえませんので、移植を受けることはできません。
臓器移植後には、様々な薬を飲んでもらったり、様々な生活の制約を守ってもらったりする必要がありますので、臓器移植について、移植を受けていただく本人・家族がよく理解していただく必要があります。

また、臓器移植は、ドナーの方の善意で成り立つ医療です。従って、いただいた臓器をいつまでも大切にし、ドナーやそのご家族に対して感謝の気持ちを持っていただくことが必要です。

臓器移植全般の質問一覧へ

この記事は役に立ちましたか?

わかりやすかった
あまりよくわからなかった
わかりにくかった