一般の方

臓器移植全般のQ&A

拒絶反応、感染症、合併症
移植後、感染症に罹りやすくなると聞いたのですが、どのようなものですか?

拒絶反応を抑えるために免疫抑制療法を行うと、体の抵抗力が低下するため色々な感染症にかかり易くなります。感染症は免疫抑制薬の使用量が多い移植後3ヶ月以内に発生することが多く、時に感染症が死にもつながる最大の合併症になる場合もあります。臓器毎に基準が違いますので、主治医・レシピエントコーディネーターに相談してください。


移植後の経過時期によって、かかりやすい感染症があります。
移植後すぐ 細菌性感染症
真菌感染症(カビ)
細菌性感染症
真菌感染症(カビ) 表在性・黄色ブドウ球菌等
カンジタ等
移植後1~3ヵ月 ウイルス性感染症 サイトメガロウイルス
ヘルペスウイルス等
移植後だいぶたって 日和見感染症 原虫(トキソプラズマ)
真菌(アスペルギルス、クリプトコッカス)
種々のウイルス

臓器移植後は肺炎や敗血症などになりやすいため、普通の人以上に健康に注意しなければなりません。
ちょっとした風邪やけがをした場合でも担当医やコーディネーターに連絡をするか外来を受診してください。

うがい・手洗い
  • 手洗い・うがい…免疫抑制薬の内服によって免疫力が低下し、感染症にかかりやすくなっています。日常生活において手洗い・うがいを励行することが大切です。
  • マスクの着用…移植後3ヶ月以内は外出時にマスクを忘れないようにしてください。その後は、人ごみの中に入るとき、インフルエンザが蔓延しているときなど時期に応じてマスクの着用を指示することがあります。
  • 動物への注意…動物の糞の中には種々の真菌(カビ)がいるので、動物園や鳩の多い公園には行かないようにしてください。
  • 建物の工事をしているようなところでは、真菌(アスペルギルスなど)の混入した粉塵が飛んでいる可能性が高いので、避けて通りましょう。

臓器移植全般の質問一覧へ

感染症を疑う症状は、どんなものがありますか?
熱 下記のようなものがあります。
  • 37.5度以上の発熱が24時間以上続いたり、突然の38度以上の高熱が出たりした場合
  • 鼻汁、咳
  • 下痢、腹痛
  • リンパ節の腫脹
  • 頻尿・排尿時痛
  • 発疹

臓器移植全般の質問一覧へ

日頃の感染予防はどのようなものがありますか?
マスクの絵 下記のようなことに気をつけ、予防をしてください。
  • 風邪やけがは早めに治しましょう
  • 外出時は手洗い、うがい、人ごみでのマスクを忘れずに
  • 動物を飼うのは、出来る限り控えましょう

臓器移植全般の質問一覧へ

予防接種は受けていいですか?

注射 原則的に、風疹、おたふくかぜ、はしかなどの生ワクチンは移植後に接種できませんので、移植前に接種してもらっておきましょう。
移植後の予防接種は主治医に相談してください。受けてはいけない予防接種や、経過を見ながら受けてもらうものなどあります。移植後6ヶ月を経過していれば、インフルエンザワクチンは接種しましょう。

臓器移植全般の質問一覧へ

この記事は役に立ちましたか?

わかりやすかった
あまりよくわからなかった
わかりにくかった