一般の方

臓器移植全般のQ&A

移植後の妊娠、出産
移植後に妊娠しても心配ないでしょうか?

赤ちゃん 臓器移植をした後でも妊娠・出産は可能です。報告では妊娠された方の70~80%が赤ちゃんを出産されています。一般の妊娠でも15~20%の方が流産されますから、臓器移植後にも十分に元気な赤ちゃんを産むことができます。妊娠中の母体の問題として妊娠高血圧があり、妊娠中に降圧治療が必要なこともあります。また、移植後には免疫抑制剤を使用しますので、感染症などに注意が必要です。他の問題については一般の妊娠と変わりはありません。

妊娠中に胎児に影響を及ぼす可能性のある薬の一つは、免疫抑制剤のミコフェノール酸モフェチルですが、他の薬剤へ変更したりすることで妊娠継続は可能です。降圧剤など他の薬剤も胎児への影響の可能性はありますが、特に移植後に特有ではありません。
以上の様に、臓器移植後に妊娠・出産をお考えになった場合は、クスリの変更などが必要な場合がありますので、妊娠前から移植医、産科医に相談されることが必要です。

日本においてもこれからの臓器移植後の妊娠・出産をサポートするために日本移植学会を中心として臓器移植後の妊娠・出産ガイドライン作りをはじめています。また国立成育医療研究センターの妊娠と薬情報センターで臓器移植後の妊娠・出産された方のデータベース登録の準備をはじめています。

臓器移植全般の質問一覧へ

妊娠中には何か問題がおこりますか?

臓器移植後の妊娠中の母体のリスクとしては、高血圧・妊娠高血圧症候群のリスクが一般より高いと報告されています。海外でのこれまでの論文をまとめた報告では、腎移植後の妊娠で、より他の臓器移植後の妊娠よりも高血圧合併の頻度が高いと報告されています。妊娠中に血圧を下げる治療が必要であったり、血圧上昇が著明な場合には妊娠継続が危険である場合もあります。
また、赤ちゃんが37週よりも早く産まれてしまう早産も問題になっています。それぞれの臓器によって頻度はやや異なりますが、やはり海外での論文をまとめた報告では35~45%で早産(アメリカでの一般の早産の頻度は12%程度)になっています。
また、免疫抑制剤を使用することで感染症をおこすリスクがあがると考えられます。

高血圧などの合併症は妊娠前からみられる場合もありますから、妊娠前に主治医の元でしっかりと合併症の評価、治療を行うことが重要と考えられます。

臓器移植全般の質問一覧へ

免疫抑制剤など赤ちゃんへの薬の影響はありますか?

はじめに、病気や薬剤使用のない妊娠の場合であっても、全ての妊娠に際して、3%程度の奇形発生率があると報告されております。いいかえると、薬剤使用のない場合でも100妊娠に3例で奇形発生は起こりうるということです。また、15~20%の妊娠で流産が起こると考えられています。

現在、臓器移植後の免疫抑制の中心として使用されているのはシクロスポリン、タクロリムスという免疫抑制剤になります。最近までの免疫抑制剤を使用しながらの妊娠・出産の報告をまとめますと、シクロスポリン、タクロリムスを使用しながらの妊娠における奇形発生率は一般の奇形発生率を大きく増加させることはないと考えられています。
むしろ薬を適切に使用せずに妊娠中に拒絶反応などを起こすことは、母児ともに大きな影響を与えることになりますので、妊娠中も適切な投薬、治療を受けていただくことが重要です。
妊娠中の使用に関して問題のある免疫抑制剤として、ミコフェノール酸モフェチル(セルセプト)があります。この薬を使用しながら妊娠・出産された患者様に流産や胎児の奇形発生率が高い傾向がみられています。
また、一部の降圧薬(高血圧の治療薬)も胎児の腎臓などへの影響があるという報告がなされています。

妊娠をお考えになった場合には、妊娠に影響がある薬の調整や変更の必要な場合があります。また、妊娠・出産管理を行う産科医にも適切な情報提供を行う必要がありますので、できるだけ妊娠前から主治医にご相談いただくようにお勧めいたします。

臓器移植全般の質問一覧へ

この記事は役に立ちましたか?

わかりやすかった
あまりよくわからなかった
わかりにくかった