一般の方

臓器移植全般のQ&A

移植の費用
臓器移植を受ける費用は、どのくらいかかりますか。

財布 日本国内における移植手術は多額の費用がかかり、臓器別によってもその額は異なります。しかし、日本の保険制度によって多額の医療費の支払いの必要はなく、自己負担額のみの支払いとなりますし、高額医療制度により自己負担額も大部分が返済される場合がほとんどです。すでに、生体膵臓移植、死体・生体小腸移植以外の臓器移植は、保険収載されていますので、手術料(移植手術、臓器採取手術)、移植後の治療費(入院・外来の検査費、薬剤費など)などは、各人で加入されている医療保険で支払われます。

しかし、臓器を採取するために医師団を派遣する交通費、臓器搬送費などは、医療保険でカバーされないので、一旦支払わなくてはなりません。後で、各人が加入されている医療保険に応じて所定の場所(社会保険であれば管轄の社会保険事務所・組合など、国民保険であれば市町村役場)に申請をすると、7割程度還付されます。

移植を受けなければいけないほど重症の患者さんの場合、自己負担分は特定疾病療養制度、更生医療、小児慢性特定疾病治療研究事業、育成医療や重度障害者医療費助成制度の対象となり、様々な医療費補償制度を受けられることが多いです。臓器毎に基準が違いますので、担当医、レシピエントコーディネーターと相談して、待機中に手続きをしておいてください。
また、その上で自己負担が一定の金額を超えた場合、超えた額が払い戻される「高額療養費制度」などがあります。

臓器移植全般の質問一覧へ

この記事は役に立ちましたか?

わかりやすかった
あまりよくわからなかった
わかりにくかった