一般の方

腎臓のQ&A

臓器について
腎臓ってどんな臓器ですか?

腎臓説明図 腎臓は腹の裏側、横隔膜の下にある縦約12cm、幅約6cm、厚さ約3cmのソラマメのような形をした臓器で、重さは約150~250g程度あり、左右にひとつずつあります。

腎臓は、ネフロンと呼ばれる機能単位からできていて、左右の腎臓それぞれが約120万個のネフロンを持つといわれています。腎臓は腎動脈で大動脈と、下大静脈と腎静脈で繋がっていて、心蔵から出た血液の5分の1~4分の1が通り、その血流量は毎分800-1200mlにもなります。腎臓に入って来た血液は、とても細くなった血管(毛細血管)を通り、ネフロンの一部である糸球体という毛細血管の固まりで濾過され、濾過された液(尿のもと)が尿細管という管で物質の交換をしながら濃縮されて集まり、尿になります。尿は尿管という管を通って膀胱まで送られます。膀胱に溜まった尿は尿道を通って最後に体外へ出されます。

腎臓の質問一覧へ

腎臓はどんな働きをしていますか?
腎臓の働きは、主に下記の2つです。
  1. 尿を作ることにより、体液の性状を一定に保つこと、すなわち尿素やクレアチニンなどのタンパク質代謝物(老廃物)を排出して、体の中の水分量、電解質(ナトリウム、カリウム、カルシウム、リンなど)を一定にして、体内を弱アルカリ性に保つこと。
  2. 内分泌と代謝調整、すなわち、ビタミンD活性化により体内へのカルシウムの吸収、エリスロポエチン産生により赤血球を造らせ貧血にならないようにする、レニン産生して血圧も保つなどの働きをする。また、体内に入って来た薬剤を分解、代謝して体外に出すなどをしています。

腎臓の働きの度合いを知る為に、ネフロンの糸球体で濾過される尿の量を検査値から計算した糸球体濾過量(英語の頭文字をとってGFRと呼ばれます)という数字が使われます。健康な人ならば、片方を失っても機能上問題はあまり無いと言われています。

腎臓の質問一覧へ

腎臓が悪くなるってどんな事ですか?

悪い腎臓 腎臓の働きの度合いを、糸球体濾過量(GFR)で表しますが、GFRの正常値はおよそ1分あたり100 ml (100 ml/min) です。腎臓に障害が起きて、ネフロンの数が減り、GFRが60 ml/minを下回り、普段は出ないはずの尿タンパクが出た状態が3ヶ月以上続くと、慢性腎臓病(英語の頭文字をとってCKDと呼ばれます)と言われる病気だと決められています。

血圧が高い状態が続く、太って糖尿病になり治療が充分されていない、腎炎の治療がうまく行かなかったなどの原因でネフロンが障害をうけ、GFRが下がって慢性腎臓病になると、将来的にさらにGFRが下がって、腎臓の働きが生命の維持に必要な量より不足した状態である末期腎不全になる確率や、心筋梗塞・脳梗塞など生命に危険を及ぼす障害を起こす確率が高くなることが知られています。
もちろん、腎臓の働きが全く無くなり、治療しなければ尿毒症となり死に至ります。そこで慢性腎臓病であると診断されたら、すぐに腎臓の専門医を受診して治療を開始する必要があります。残念ながら、腎臓の働きが下がり、GFRが10 ml/minを切ってしまう慢性腎不全あるいは末期腎不全になると、生命を維持する為には、透析、あるいは腎移植を行う必要があります。

腎臓の質問一覧へ

慢性腎不全になると、どんな症状が出ますか?

慢性腎不全になると尿量が減って、体の中の水分が充分に体外へ出せないので、体がむくんだり、体内の電解質のバランスが崩れ、老廃物が体内に溜まる為、色々な臓器の働きが障害されます。この様な状態を放っておけば尿毒症という状態になり、生命の維持が危険になります。

透析や腎移植がない時代は、尿毒症は不治の病でした。腎臓が悪くなると同時に腎臓の内分泌・代謝機能も低下する為、貧血になったり、カルシウムが減って骨が弱ったりしますし、薬が服用できない、あるいは服用量を減らす必要が出てきます。腎臓を守る為に腎臓に負荷を与えるタンパク質や塩分の摂取量を減らしたり、薬を使ったりしますが、これで腎機能が回復する訳ではなく腎障害の悪化を遅らせるに過ぎません。

腎臓の質問一覧へ

慢性腎不全になると、どのような治療が必要ですか?

血液透析患者 慢性腎不全になると、透析か腎移植が必要になります。透析には血液透析と腹膜透析があり、それぞれの治療法が異なりますが、基本的には透析は物質の交換による治療法で、体内の老廃物を体外に出したり、必要な物質を入れたりすることはできますが、腎臓の持つ内分泌・代謝機能は回復しないので、その分、薬で補ったり、逆に薬の量を減らしたり、服用を中止したりする必要が出てきます。また普通の透析では、本来の腎臓の働きの代わりをする量は10分の1程度にしかならず、必ずしも充分とはいえません。

手術 その点、腎移植は回復する腎臓の機能が高く、内分泌・代謝機能も回復するのですが、腎臓を誰か(腎提供者、ドナーといいます)からもらわなくてはならず、また、もらえる腎臓は1つなので回復する機能は半分程度です。さらに他の人の臓器が体内に入るので、拒絶反応を抑える為に免疫抑制薬を服用しなければならず、拒絶反応は随分と少なくなりましたが、免疫抑制薬の副作用が問題になります。その為、一度腎移植をすれば完全に腎不全が治るということにはなりません。

腎臓の質問一覧へ

この記事は役に立ちましたか?

わかりやすかった
あまりよくわからなかった
わかりにくかった