一般の方

腎臓のQ&A

免疫抑制剤
免疫抑制薬とはどういうものですか?

薬 拒絶反応のコントロールが移植には必須ですが、その治療法を、免疫抑制療法といい、色々な種類の免疫抑制薬を組み合わせて行います。免疫抑制療法を中止すれば移植腎は拒絶されてしまいます。

免疫抑制薬には、ステロイド薬(プレドニゾロンなど)、カルシニューリン阻害薬(シクロスポリン、タクロリムス)、代謝拮抗薬(ミコフェノール酸モフェチル、ミゾリビンなど)、mTOR阻害薬(エベロリムスなど)や色々な抗体といわれる薬があり、拒絶反応を起こす機構のそれぞれ別な箇所を阻害して、拒絶反応が起こらないようにします。
1つの免疫抑制薬だけを使うのではなく何種類かを組み合わせ、その時に必要な量を投与していく方法がとられます。免疫抑制薬の量を調節する為に採血して薬の血液中の濃度を測り、投与量を決める方法もとられています。

残念ながら免疫抑制薬には副作用があり、移植腎にとってあまり良くない副作用を持っている物がほとんどです。この副作用の中には移植腎に対して直接的に悪影響を及ぼすものや、免疫抑制薬の為に高血圧、高脂血症(コレステロールや中性脂肪が高くなる)、高血糖(糖尿病)、高尿酸血症(痛風)、貧血などを引き起こし、間接的に移植腎の機能低下に繋がる物もあります。現在も新しい免疫抑制薬が全世界で開発中であり、将来的にはもっと優れた免疫抑制療法が開発されると期待されています。

腎臓の質問一覧へ

この記事は役に立ちましたか?

わかりやすかった
あまりよくわからなかった
わかりにくかった