一般の方

肺のQ&A

生体ドナー
生体肺ドナーについて教えてください。

生体肺移植は、「健康な人にメスを入れる」という本来の医療外の行為を伴います。臓器提供は報償を目的とするものや、他から強制されるものであってはなりません。あくまでもドナーご本人の自発的な「自由意思」にもとづくものです。そのためドナーはレシピエントの血族または配偶者であること、となっています。

ドナー手術にもリスクや合併症が伴います。また、ドナーは臓器提供手術後、肺活量が15〜20%低下します。一度切除した肺が元通りに大きくなることはありませんので、肺活量は生涯にわたって低下したままになります。これは日常生活に支障を及ぼすものではありませんが、ドナーになる方の十分な理解と同意が必要です。

ドナーの条件の主なものは以下の通りです。また実際ドナーとなるためには、血液検査やレントゲンなどの様々な検査をクリアすることが必要です。
※ドナーの条件は各施設によって多少異なりますので、詳細は各施設にお問い合わせください。


<生体ドナーの適応基準>
  1. 年齢20歳以上、55歳以下が望ましい
  2. 現在、精神的にも肉体的にも健康であること
  3. レシピエントと血液型が一致または適合すること など

移植後の経過時期によって、かかりやすい感染症があります。
レシピエントの血液型 ドナーになりうる血液型
A型 A型、O型
B型 B型、O型
O型 O型
AB型 A型、B型、O型、AB型

元気で笑顔の大人女性 日本は脳死肺移植よりも生体肺移植の方が多い、という世界で唯一の国です。これは、わが国では脳死ドナーが極端に少ないことが原因です。残念ながら脳死ドナーを待つ間に亡くなってしまうレシピエントが多いのが現状です。
また、レシピエントの病状が悪く、日本臓器移植ネットワークに登録するまで待てない場合もあります。このような状況で自発的な「自由意思」に基づく生体ドナーがおられる場合に限り、生体肺移植が検討されます。

肺の質問一覧へ

この記事は役に立ちましたか?

わかりやすかった
あまりよくわからなかった
わかりにくかった