お知らせ

新着情報

第1回TDM-QCワークショップのお知らせ

 

移植関連施設 関係各位

 

平成28年8月6日(土)午後1時-4時45分に横浜(慶應義塾大学日吉キャンパス協生館)にて第1回TDM-QCワークショップが開催されます。詳細については開催概要をご覧ください。

このワークショップは昨年までCPCF (Ciclosporin Pharmaco-Clinical Forum)やiMPT研究会が行っていた免疫抑制剤血中濃度・クオリティー・コントロール(QC)・サーベイを引継ぎ、日本移植学会の後援により一般社団法人TDM品質管理機構が開催する新しいワークショップです。第1回目となる今年のQC・サーベイは数種の免疫抑制剤を対象として既に実施され、第1回TDM-QCワークショップで結果を公表予定です。
このQC・サーベイは今後も年1回施行予定ですが、数種の免疫抑制剤血中濃度測定の精度管理が一度に評価できる、という非常に効率の良いシステムです。各施設のQC・サーベイへの参加費用は約2万円/年と格安です。

以下のお願いがあります。

  1. 貴施設臨床検査室あるいは外注先業者がこのQC・サーベイに参加されていない場合は、是非
    http://www.qctdm.jp/から参加をお願いいたします。
  2. 本年8月6日の第1回TDM-QCワークショップには、貴施設臨床検査室の方も可能な限り参加をお願いいたします。

以上、急なお知らせとお願いで申し訳ありませんが、何卒ご協力よろしくお願いします。

 

【問い合わせ先】         
一般社団法人TDM品質管理機構事務局
qctdm.office@gmail.com

第1回TDM-QCワークショップ発起人共同代表
高原 史郎