jhfs topimage
ホーム  学会について  入会のご案内・会員情報変更  学術集会・行事  トピックス  English

ホーム>トピック>心不全症例におけるAdaptive Servo Ventilation(ASV)適正使用に関するステートメント

心不全症例におけるAdaptive Servo Ventilation(ASV)適正使用に関するステートメント(第1報)

SERVE-HF試験のプレス発表を受けて

グローバルで行われていたASVの臨床試験SERVE-HFの緊急結果報告がスポンサーのResMed社よりリリースされました。ASVは我が国では睡眠時無呼吸の程度にとらわれず重症心不全の治療機器として広く使われており、もしSERVE-HFの結果を拡大解釈してASVの 使用が大幅に制限されるようなことが起きると臨床の現場で大きな混乱をきたすことが予想されます。引き続き、ASVが必要な患者さんに継続使用できるよう、日本循環器学会と日本心不全学会からの共同ステートメントをもって必要な情報を提供することといたしました。

詳細はこちら(PDF)

end