topimage

ホーム  学会について  入会案内・会員手続き  学術集会・行事  ステートメント・ガイドライン  リンク  English

What's New

会員の方
【重要】代議員申請について
現代議員の任期は2018年10月12日総会日迄となり、本年度は代議員の改選になります。
詳細は こちら をご覧ください

line

医療関係者
2018年度第2回心臓移植・心肺同時移植関連学会協議会において成人心臓移植実施施設認定審査申請受付を8月末日締切として行うことが確認されました。
詳細は こちら をご覧ください

line

医療関係者
第5回日本心筋症研究会の日程と会場が確定しました
日時:2019年7月13日(土)
会場:ホテルライフォート札幌
会長:三浦 哲嗣(札幌医科大学医学部 循環器・腎臓・代謝内分泌内科講座)

line

会員の方
学会賞・学術賞・チーム医療賞応募手続きのお知らせ

line

会員の方
教育セミナー東京会場のお知らせ

line

医療関係者
植込型補助人工心臓実施施設・実施医の新規申請、更新申請、小児用補助人工心臓実施施設・実施医の新規申請、管理施設の新規申請について
詳細は こちら をご覧ください

line

医療関係者
IMEPPELLAの適正使用指針について
詳細は こちら をご覧ください

line

医療関係者
小児心臓移植実施施設認定審査申請 公募に関するご連絡

line

会員の方
VAD管理施申請のご案内

line

過去のWhat' New一覧

学会について

入会案内・会員手続き

学術集会・行事

ステートメント・ガイドライン

リンク

トピックス

心不全患者における栄養評価・管理に関するステートメント

詳細はこちら

line

「急性・慢性心不全診療ガイドライン(2017年改訂版)」が発表されました。

オリジナル版   ダイジェスト版   正誤表
スライドキット

※スライドキットのファイル閲覧にはパスワードが必要です。
ダウンロードされる前にご確認ください。

line

大型血管炎(高安動脈炎と巨細胞性動脈炎)に対するPET(FDG-PET、FDG-PET/CT)の保険適用について

上記の案件につきましては日本心不全学会も共同提案学会として参画した要望書が厚生労働省に提出されておりましたが、このたび2018年4月の診療報酬改定で保険適用となりましたことをお知らせいたします。

詳細は難治性血管炎研究班のHP
に掲載されていますのでご参照ください。

line

『心不全の定義』について

心不全とは、心臓が悪いために、息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮める病気です。
詳細はこちら

line

日本心不全学会は「脳卒中・循環器病対策基本法成立を求める会」を支持致します。

日本心不全学会では、「健康寿命の延伸等を図るための脳卒中、心臓病その他の循環器病に係る対策に関する基本法案(脳卒中・循環器病対策基本法)」の成立を要望しております。
皆様におかれましても、本法案成立にご理解・ご支援をお願いいたします。
日本循環器学会声明文
「脳卒中・循環器病対策基本法の成立を求める会」のHP

line

心不全症例におけるASV適正使用に関するステートメント(第2報)

詳細はこちら

line

高齢心不全患者の治療に関するステートメント

詳細はこちら

line

心不全症例におけるASV適正使用に関するステートメント(第1報)

SERVE-HF試験のプレス発表を受けて
詳細はこちら

line

BNP検査 一般市民向けパンフレット

BNP検査の啓蒙にご利用いただけます一般市民向けパンフレットを制作しました。
以下よりご自由にダウンロードの上、是非ご活用ください。
一般市民向けのBNP検査Q&Aパンフレットはこちら

line

BNPに関する学会ステートメント

imgBNPやNT-proBNP は、わが国の臨床現場で心不全診療を支える補助診断法として広く浸透して参りました。
続きを読む

医療機関向けポスターをご入用の際には事務局までお問い合わせください。

line

心臓機能障害(ペースメーカ等植え込み)の障害認定基準の見直しについて

続きを読む

line

過去のトピックス一覧

文字 標準文字 大

第22回日本心不全学会学術集会

一般社団法人
日本心不全学会事務局

〒112-0012
東京都文京区大塚5-3-13
学会支援機構内
TEL:03-5981-6011
FAX:03-5981-6012
E-MAIL:shinfuzen@asas-mail.jp

mail

著作権・リンク等について
このサイトのすべての文章・画像・データに関しては日本心不全学会が著作権を有します。全ての形式・方法による引用・転載は学会の許諾を必要としますので学会事務局までご連絡ください。なお、引用・転載をする際は必ず引用元を明記してください。

end