倫理指針

日本移植学会 会員の皆様へ

平成27年10月1日に開催された日本移植学会社員総会において、倫理指針改定案が、承認されました。
日本移植学会会員をはじめ、移植医療に携わる方は、本倫理指針、付帯決議を、十分に理解し、遵守することが要請されます。倫理指針の内容についてご不明な点があれば事務局にメールにてお寄せください。

※平成27年10月1日改訂倫理指針の主要な変更点

(1)参考資料の改定等を反映

  • 遵守すべきルールとして「臓器の移植に関する法律施行規則」(厚生労働省令)を追加。これは法令であり、ガイドラインより上位に位置づけられる。
  • 疫学研究倫理指針、臨床研究倫理指針は現在廃止され、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に統合されており、これを反映。

(2)今後の改定を容易にするために、本文からは制定年、最終改定年を削除し、参考資料のみの掲載とした。

日本移植学会 倫理委員長
國土 典宏