臓器移植Q&A

肺

移植対象者

肺移植を受けるにはどのような条件がありますか?

下記のような条件があります。

  • 年齢:両肺移植は55歳未満、片肺移植は60歳未満。
  • 精神的に安定しており、移植医療の必要性を認識し、これに対して積極的な態度を示すとともに、家族及び患者をとりまく環境に十分な協力体制が期待できる。
  • 移植手術後の定期的検査と、それに基づく免疫抑制療法の必要性を理解でき、心理的・身体的に十分に耐えられる。
  • ただし、以下に当てはまる方は、肺移植を受けることができません。
    • 肺外に活動性の感染巣が存在する
    • 他の重要臓器に進行した不可逆的傷害が存在する
      悪性腫瘍、骨髄疾患、冠動脈疾患、高度胸郭変形、筋・神経疾患
      肝疾患(T-Bil>2.5mg/dl)、腎疾患(Cr>1.5mg/dl, Ccr<50ml/min)
    • 極めて悪化した栄養状態
    • 最近まで喫煙していた症例
    • 極端な肥満
    • リハビリテーションが行えない、またはその能力が期待できない症例
    • 精神社会生活上重要な傷害の存在
    • アルコールを含む薬物依存症の存在
    • 本人及び家族の理解と協力が得られない
    • 有効な治療法のない各種出血性疾患及び凝固能異常
    • 胸膜に広範な癒着や瘢痕の存在
    • HIV(human immunodeficiency virus)抗体陽性

この記事は役に立ちましたか?

わかりやすかった
あまりよくわからなかった
わかりにくかった